[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所14日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




14日目 幕内の実況と解説

14日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 吉田賢
解説 : 九重親方(元千代の富士)
向正面 : 竹縄親方(元栃乃洋)
東リポート : 大坂敏久
西リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

単独トップだった大関琴奨菊が敗れ、一敗に後退。
横綱白鵬と並びました。

一敗 : 白鵬、琴奨菊
二敗 : 日馬富士、豊ノ島

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(幕内) 取組結果一行メモ

14日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○佐田の海-千代鳳● 寄り切り
・佐田の海がいい形を作って寄り切り。

○阿夢露-臥牙丸● 寄り切り
・阿夢露がいい形を作って寄り切り。はやかった。

○妙義龍-貴ノ岩● 突き落とし
・妙義龍が踏み込んで突き落とし。立合いがはやかった。

●北太樹-高安○ 突き落とし
・高安が土俵際逆転!

●誉富士-玉鷲○ 突き出し
・押し合いで、玉鷲が押し勝った!

●徳勝龍-輝○ 押し出し
・輝が一気に前に出る!いい相撲!

○正代-隠岐の海● 下手投げ
・正代は胸で当たる立合い。さすがに隠岐の海が差し勝ったが、土俵際投げに打ち合いを正代が制した!

●千代大龍-蒼国来○ 押し出し
・千代大龍がいい出足だったが、蒼国来に粘られて引いてしまった。

○旭秀鵬-豊響● 突き落とし
・豊響が一気に出たが、旭秀鵬、回り込んで逆転!

○豪風-琴勇輝● 押し出し
・激しい押し合い。豪風が横に崩して押し出し!

後半

●御嶽海-碧山○ 突き出し
・碧山が突っ張りで圧倒!いい突っ張り!

●逸ノ城-松鳳山○ すくい投げ
・投げの打ち合い、同時に落ちて軍配松鳳山で物言い。映像では、明らかに逸ノ城の両手が先についている。結果、逸ノ城の手がついたかの確認の物言いで、軍配通り。

●勢-魁聖○ 上手出し投げ
・勢、いい相撲だったが、左足に力が入らない。。。

○安美錦-栃ノ心● うっちゃり
・栃ノ心が安美錦の変化に対応。胸を合わせて寄り倒したかに見えたが、軍配栃ノ心で物言い。映像では安美錦のかかとと栃ノ心の足がほぼ同時に出ているが、安美錦の体はないように見える。安美錦は傷めた膝で踏ん張って痛そう>_< 結果、栃ノ心の足が出たとの判定で、差し違い。
※九重親方(元千代の富士)「これはうっちゃりではなく勇み足だろう」

○豊ノ島-嘉風● はたき込み
・豊ノ島が組み止めてはたき込み。が、傷めている膝に痛みが走ったのか、痛そう>_<

○琴奨菊-栃煌山● 寄り切り
・栃煌山突っかける。二度目で立つ。琴奨菊が一気にがぶり寄った!強い!

○宝富士-豪栄道● 反則(髷つかみ)
・どちらもバタバタした相撲。軍配豪栄道で物言い。映像では、豪栄道が引いた時に、髷を触っている場面があるが、引っ張っているようには見えない。が、結果は引っ張っているとの判定。

●日馬富士-鶴竜○ 小手投げ
・鶴竜が組み止めて小手投げ。思いのほかはやかった。九重親方(元千代の富士)の解説では「タイミングが合ったのだろう」とのことだが……

○稀勢の里-白鵬● 押し出し
・稀勢の里の一方的な展開。白鵬が思いのほか元気がない。

正代、隠岐の海にも勝つ!

新入幕の正代が、またまた三役経験者を破りました!

相手は隠岐の海。

さすがに立合いは得意の双差し速攻というわけにはいきませんでしたが、土俵際で逆転しました!

高安も隠岐の海も、中盤までは優勝争いをしていた三役経験者。

よく勝ちましたねぇ>_<

無論、新入幕で向こうも勝手が分からなかったから、という部分はあると思います。

来場所当たった時には、同じようにはいかないだろうと思います。

でも、ここ最近の新入幕力士は、まず跳ね返されることが多いので、勝ち越しただけでも立派です!

明日勝てば10勝目。ぜひ二桁目指して、頑張ってほしいです!

髷つかみの基準は、今だによく分からない

宝富士-豪栄道戦は、豪栄道が髷つかみの販促を取られて宝富士の勝ちとなりました。

放送席の解説では「髪の毛に触っているだけで、丁髷の部分を引っ張ってはいないだろう」というお話だったので、てっきり、引っ張っていないという判定になるものと思っていたのですが……

髷つかみの基準については、今だによく分かりませんm(_ _)m

もっとあからさまに引っ張っていても取られない場合もあれば、今日のように、はっきり引っ張っているところが確認出来なくても取られてしまう場合もあるし。。。

実況では「丁髷の部分を引っ張っているか」「勝負に影響を与えたか」「指が引っかかっているか」といった部分に焦点を当てて伝えられることが多いのですが、必ずしもその通りの判定になっていないように思えます。

これだと視聴者やお客さんがモヤモヤしてしまうので、もう少し基準を明確にしてほしいなと思ってしまいますm(_ _)m

豊ノ島、元気な嘉風に勝利も、膝が心配

昨日全勝の大関琴奨菊に土をつけた豊ノ島。

今日は元気な嘉風との対戦。見事熱戦を制しました!

が、終わった後、膝を気にしていました。

どこかで傷めたようで、心配です>_<

せっかくここまでいいペースで二敗を守ってきたのに…… 大した怪我でないことを祈るばかりです。。。

琴奨菊は栃煌山を寄せ付けず

一方、昨日敗れた琴奨菊は、分の悪い栃煌山に圧勝!
寄せ付けませんでした。

敗れたショックでガタガタっと崩れてしまうことを心配していましたが、安心しました^ ^

この調子で、明日も頑張ってほしいです!

日馬富士、白鵬は、思いのほかあっけなく

連覇を狙う二敗の日馬富士は、鶴竜に敗れて三敗に後退。

白鵬は稀勢の里に敗れました。

日馬富士は、まあ、九重親方(元千代の富士)の言われたように、たまたまタイミング良く小手投げが決まってしまった感じでしたが、白鵬は、思いのほか元気のない立合いでした。

日本人の琴奨菊に優勝してほしいという思いだけで稀勢の里を応援していたわたしとしても、心配になってしまうような負け方でした。

去年の秋に休場して以降、白鵬はちょっと、様子がおかしいですね。

先場所も日馬富士に敗れてからガタガタっと崩れてしまったし、今場所も、琴奨菊に敗れてから、ちょっと崩れてしまっている印象です。

昨日はいい相撲で鶴竜に勝ったので、もう大丈夫だろうと思っていたのですが……

明日の東西の横綱戦は、一体どうなるのでしょうか?

14日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

14日目の幕内は、

1位 琴奨菊
2位 稀勢の里
3位 正代

でした!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、再び琴奨菊が単独トップとなりました!

一敗 : 琴奨菊
二敗 : 白鵬、豊ノ島

明日、琴奨菊が勝てば優勝。
琴奨菊が負けて、白鵬と豊ノ島のどちらか、もしくは両方が勝てば、優勝決定戦となります。

千秋楽の幕内好取組

琴奨菊は豪栄道、白鵬は日馬富士、豊ノ島は栃煌山と対戦します。

琴奨菊は、今場所の両者の調子を見る限り、楽勝ではないかと思われますが、こういう場面に限って首投げが決まるのが豪栄道なので、油断は出来ません(苦笑)

白鵬は、ここぞという場面に強い横綱ではありますが、今日の相撲と先場所終盤の崩れぶりを思うと、何とも予想し難いです。。。

豊ノ島は、膝の具合次第な気がします。大したことないといいのですが……

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所14日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(幕下) 取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする