[ai] 平成28年大相撲初場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所千秋楽 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




千秋楽 幕内の実況と解説

千秋楽 幕内の実況と解説は、

実況 : 三瓶宏志
解説 : 北の富士勝昭
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 太田雅英
西リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

14日目までの展開

一敗の白鵬、二敗の日馬富士が敗れました。
14日目終了時点での成績上位者は、以下の通りです。

一敗 : 琴奨菊
二敗 : 白鵬、豊ノ島

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ

千秋楽 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○千代鳳-豪風● 押し出し
・千代鳳が一気に前に出る!

○正代-臥牙丸● 寄り切り
・正代、立合いは得意の形になれず、臥牙丸優勢に見えたが、耐えて逆転!
※正代、敢闘賞受賞!
【解説】北の富士「正代は、今日はいつもより立合いがいい」三瓶アナウンサー「正代は不思議な力士ですね」と表現。確かにそうだ(笑)

○佐田の海-千代大龍● 寄り切り
・佐田の海は一気に寄り切り。いい相撲!

○妙義龍-誉富士● はたき込み
・誉富士突っかける。二度目で立つ。妙義龍が押し込んでからはたく。妙義龍、ようやく勝ち越し!

○輝-玉鷲● 突き落とし
・輝が土俵際逆転!

●豊響-隠岐の海○ 突き落とし
・隠岐の海突っかける。二度目も合わない。隠岐の海が逆転の突き落とし。

○徳勝龍-阿夢露● 引き落とし
・徳勝龍が当たってからのはたき。

●北太樹-蒼国来○ 寄り倒し
・左四つに組む展開。蒼国来が力で圧倒!

●貴ノ岩-琴勇輝○ 突き落とし
・琴勇輝が押し、貴ノ岩が当てがう。琴勇輝がタイミング良く崩した。

○旭秀鵬-御嶽海● 押し出し
・御嶽海、途中までは良かったが、最後は引いてしまった。

後半

●逸ノ城-魁聖○ 寄り切り
・魁聖が左四つになって一方的に勝つ。

●宝富士-高安○ 押し出し
・高安が押した。土俵際、もつれたようにも見えたが、物言いはなし。映像では明らかに宝富士が先に出ている。

○碧山-松鳳山● 寄り切り
・碧山が激しい突っ張り!松鳳山粘ったが、左四つ右上手の体勢になって寄り切り!強い!

○勢-安美錦● 押し出し
・勢、安美錦の変化に対応。そのあとは一気に攻めた!

●栃ノ心-嘉風○ 寄り切り
・嘉風がいい相撲で寄り切り!勝ち越した!

○栃煌山-豊ノ島● 突き出し
・栃煌山の一方的な展開。豊ノ島は膝が悪そう>_<

○琴奨菊-豪栄道● 突き落とし
・琴奨菊が右から引っ張り込んで左四つ。押し込んでからの突き落とし!琴奨菊、初優勝!

●鶴竜-稀勢の里○ 寄り切り
・稀勢の里が待った。二度目で立つ。稀勢の里が左四つになって寄り切り!

○日馬富士-白鵬● 上手投げ
・日馬富士突っかける。二度目で立つ。日馬富士が立合いで上手投げ。うーん、白鵬はやはり様子がおかしい。

琴奨菊が初優勝!

結果、大関琴奨菊が初優勝!おめでとうございます^o^

まあ、栃東以来、10年ぶりの日本出身力士の優勝でもあるので、一応それも触れておきます。

「国技なのに日本人が優勝しないなんて」とか、そういう言い方、相撲ファンの多くは嫌いですもんね(ーー;)

いい相撲が見れれば、誰が優勝したって構わないのですよ。

……と、言いつつも、あんまり日本出身の力士の優勝がないと、さすがに寂しくなってしまうのも事実。

日本出身の力士に優勝してほしい。
でも、それを言ったら、外国人力士の方々に失礼だ。
だから言ってはいけない。

言ってる人を見ると腹が立つ!

なんて思いをされた方も、いらっしゃるのではと思います。
(少なくとも、わたしはしました(^_^;)

でも、今回琴奨菊が優勝してくれたことで、少しはこの、できてしまったわだかまりが、溶けるかもしれません。

他の日本出身力士も奮起して、ふつうに、外国出身力士も日本出身力士も優勝するようになれば、そんな論争、なくなりますよね。

なんて、つい「日本出身力士の優勝」の部分にばかり焦点を当ててしまいますが;;

琴奨菊にとっては、初の優勝。
31歳11ヶ月での初優勝は、年長初優勝3位の記録。

大関昇進から26場所での優勝は、ダントツの1位です。

参考 :

年長初優勝
①旭天鵬 37歳8ヶ月
②貴闘力 32歳5ヶ月
③琴奨菊 31歳11ヶ月

大関昇進後の優勝までの場所数
※昭和以降
①琴奨菊 26場所
②千代大海 21場所
③佐田の山 17場所
④貴ノ花(初代)・小錦・琴欧洲 15場所

苦しんだ期間が長かっただろうな、と思います。

正直、去年の今頃は「弱ってきてるなぁ、来年の今頃は引退してるかも」なんて、思ったこともありました。

でも、そんなことなかったですね!

予想をいい意味で裏切ってくれて、本当に嬉しい限りです^ ^

おめでとうございます^o^

殊勲賞は豊ノ島、敢闘賞は正代

そして、三賞は、殊勲賞が豊ノ島、敢闘賞は正代に決定!
技能賞は該当者なしとなりました。

豊ノ島は優勝の琴奨菊に唯一土をつけた力士。
それが少年時代からのライバルとは!
こんなドラマみたいな話、あるんですね。

正代は新入幕で敢闘賞!
勝てば、という条件付きでしたが、見事、劣勢から逆転して臥牙丸を破りました!

正代は双差し速攻という勝ちパターンがある上、追い詰められた時にも対応出来るところが、強みだと思います。

来場所は番付も上がるし、当たりの強さとかも覚えられて、今場所ほど大勝ちは出来ないかもしれないけど、将来が期待出来る力士には違いありません。

頑張ってほしいです!

白鵬はどうしたの?

そして、気掛かりなのは白鵬。

先場所は13日目に日馬富士に負けてから、ガクガクっと崩れてしまいましたが、今場所は、琴奨菊に負けたあたりから、ちょっとおかしいです。

心ここにあらずな感じがする、というか……

どうしちゃったの??と言いたくなるような負け方でした。

どこか悪いのでしょうか?

それとも、力士としての限界が近づいていて、奮起したくても奮起出来ないような状態になっているのでしょうか??

そんなこともよぎってしまうような負け方でした。。。

千秋楽 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

千秋楽の幕内は、

1位 琴奨菊
2位 稀勢の里
3位 嘉風

でした!

稀勢の里、今日はいい相撲でしたね^o^
嘉風は、新関脇で勝ち越し!

大勝ちというわけにはいきませんでしたが、相撲はいつもいい相撲でした!

おめでとうございます^o^

怪我もインフルエンザも多い場所

最後なので、簡単に総括を。

今場所は、怪我で休場する力士もいれば、インフルエンザで途中休場する力士も多かったですね>_<

インフルエンザは力士だけでなく、親方や行司さんにも蔓延。

見えないところでは、もっとかかられた方が多いんじゃないかと思います>_<

怪我や病気には、くれぐれも気を付けてほしいです。。。

(インフルは、気をつけていてもなってしまいそうですが……)

遠藤と照ノ富士がいないのは寂しい

何より、照ノ富士と遠藤の休場が残念でした>_<

二人ともかなり大きな怪我をしてしまったので、休場は仕方がないです。
むしろ、あんな怪我しているのなら、ちゃんと休んで治してほしいです!

でも、やっぱりいないと寂しい>_<

しっかり治して、また元気な姿を見せてほしいです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所千秋楽 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所千秋楽(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所千秋楽(幕下) 取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする