[ai] 平成27年名古屋場所7日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所7日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所7日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




7日目幕下の実況と解説

7日目幕下の実況と解説は、

実況 : 太田雅英
解説 : 大嶽親方(元大竜)
リポート : 小林陽広
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 吉田賢
解説 : 二十山親方(元栃乃花)
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

6日目までの展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年名古屋場所6日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

7日目幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、◯が白星、⚫️が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

⚫️駿馬(三段目)-常陸號◯ 突き出し
・よく動く攻防。盛り上がった!駿馬さん、頑張ったがあと一歩及ばず。。。

◯大鷹山-栃乃国⚫️ 寄り切り
・大鷹山、いい体勢になって寄り切り。栃乃国は最後諦めてしまったか。

⚫️巨東-高三郷◯ 寄り切り
・最後、足が出る前に動きが止まる場面はあったが、そのまま優勢だった高三郷が寄り切った。

◯前乃富士-大地⚫️ はたき込み
・前乃富士が大地の突きをうまくかいくぐった。

⚫️琴仁成-水田◯ 引き落とし
※30歳で初幕下の琴仁成と、高校相撲出身の期待の若手水田の対戦。
・いい押し合い。最後は引いたがいい押し合いだった。

⚫️駒木龍-玄界鵬◯ 切り返し
・いいタイミングで切り返しが決まった!でも、玄界鵬の師匠の大嶽親方、「左半身になる相撲はダメだ」と手厳しい。

◯龍勢旺-虎太郎⚫️ はたき込み
・龍勢旺、当たってからの引き。とても元気のない相撲で盛り上がらなかった。虎太郎はどこか傷めているのか?

⚫️稲葉丸-富栄◯ 押し倒し
・富栄が何発か押してからの引き落とし。稲葉丸は中途半端に立ってしまったか?

⚫️剛士-大翔龍◯ うっちゃり
・大翔龍が土俵際うっちゃった!軍配大翔龍で物言い。映像ではほぼ同時に見える。結果、軍配通り。

⚫️佐々木山-松葉山◯ 押し倒し
・土俵際でかなり攻防があり、盛り上がった。先に追い詰めたのは佐々木山だったが……よく逆転した!

⚫️野上-諫誠◯ 小手投げ
・野上突っかける。二度目で立つ。互角に当たったが、野上は滑るように倒れた。

⚫️安芸乃山-彩◯ 蹴たぐり
・彩、立合いの蹴たぐり。突っ張りの彩がこんな技を持っていたとは!

⚫️琴弥山-栃登◯ 引っかけ
・いい押し合い。最後は栃登が引っかけていなした。

⚫️栃飛龍-竜王浪◯ 突き落とし
・栃飛龍は少々上突っ張りのように見えた。竜王浪が土俵際突き落とす。終わったあと、竜王浪は足を引きずっていた。大嶽親方によると、栃飛龍の突っ張りは廻しを取られないように上手く突っ張っているとのこと。

⚫️磋牙司-舛ノ勝◯ 押し出し
・舛ノ勝、磋牙司が引いたところを一気に前に出た!

⚫️大雷童-佐藤◯ 突き落と
・佐藤、当たってからの突き落とし。大雷童は悔しそう。
大嶽親方によると、この突き落としは反応の良さの表れで、残られても対応出来るものとのこと。

⚫️若龍勢-勝誠◯ 寄り切り
・勝誠が低く頭をつけて前に出る!

⚫️力真-笹ノ山◯ 送り出し
・笹ノ山突っかける。二度目で立つ。力真突き放すが、後ろに回りこまれる。

⚫️舛東欧-朱雀◯ 送り出し
・舛東欧は腕を極めて動きを止めにかかるが、朱雀が後ろに回って送り出し!盛り上がった!朱雀は勝ち越し!

⚫️南海力-水口◯ 上手投げ
・水口の変化に南海力対応。動きのある相撲で盛り上がった!富栄以降、ずっと西が勝っている。

⚫️宝龍山-豪頂山◯ 突き落とし
・豪頂山、土俵際追い込まれたところを潜り込んで形成逆転!

◯琴恵光-千代の国⚫️ 寄り切り
・琴恵光がいい相撲で寄り切り!琴恵光、今場所はだいぶ動きがいい。

◯肥後ノ城-照強⚫️ はたき込み
・照強突っかける。二度目で立つ。肥後ノ城がよく見てはたき込み。

十両土俵入り

⚫️安芸乃川-肥後嵐◯ 突き出し
・肥後嵐が突っ張る。安芸乃川、腕を手繰ろうとしたところ、足が出てしまった。

⚫️天空海-東龍◯ はたき込み
・天空海突っかける。天空海突っかける。東龍が突っかける。伊勢ケ濱親方、ずっと怒っている。四度目で立つ。東龍、立合い一発の変化。盛り上がらない。

⚫️明生-出羽疾風◯ 突き落とし
※出羽疾風への声援が凄い。
・出羽疾風が前に出る。最後は突き落とし。

◯魁-土佐豊⚫️ 寄り切り
・組んでの長い攻防。最後は魁が胸を合わせて寄り切り!
※二十山親方、土佐豊に対し「今日のような大きい相撲は良くない。怪我の原因にもなる」

◯正代-希善龍⚫️ 寄り切り
・正代、双差しになって寄り切り!希善龍に抱え込ませなかった。

感想

佐藤の将来性をとても感じました。
反応がいい、って、大事ですよね♪

琴恵光も、ここ数場所は消極的な相撲が多かったけれど、今場所はいい動きをしていますね。

正代は、とても稽古をしている力士であることが相撲から伝わります。
十両目前で足踏みが続いていますが……今度こそ上がってほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲名古屋場所7日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年名古屋場所7日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所7日目(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

スポンサーリンク







[ai] 平成27年名古屋場所7日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする