[ai] 平成28年大相撲初場所 西十両十二枚目 千代翔馬 日別メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所 西十両十二枚目 千代翔馬 日別メモ

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年初場所。西十両十二枚目 千代翔馬の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、千代翔馬の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

平成28年大相撲初場所 西十両十二枚目 千代翔馬 日別メモ

千代翔馬 富士雄
(ちよしょうま ふじお)
所属 : 九重部屋
本名 : ガンバータル・ムンクサイハン  
しこ名履歴 : 翔馬 → 千代翔馬
番付 : 西十両十二枚目
生年月日 : 平成3年7月20日 24歳
出身地 : モンゴル・ウランバートル
身長 : 183.0cm
体重 : 130.0kg
得意技 押し・左四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 千代翔馬 富士雄 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 8勝7敗

  • 初日
  • 対 剣翔 ○ 上手投げ
    ・剣翔が出て行ったところを、千代翔馬が上手投げ!

  • 2日目
  • 対 天風 ● 押し出し
    ・天風、相手が引いたところを一気に出た!
    【解説】三保ヶ関親方(元栃栄)「千代翔馬は立合いの両手突きで相手の上体が起きたので、引けば倒れるのではという安易な考えが浮かんだのではないか?立ち遅れた天風は前に出なければと必死だったので、上手く足が運べていた」なるほど。

  • 3日目
  • 対 東龍 ● はたき込み
    ・東龍、当たってからのはたき。
    【解説】振分親方(元高見盛)「千代翔馬は足が止まった。そこを東龍は、すかさずはたいた。千代翔馬は先場所までのような足腰の良さが見られない」

  • 4日目
  • 対 朝弁慶 ● 上手投げ
    ・投げの打ち合い。もつれて軍配朝弁慶で物言い。映像では、千代翔馬の髷が先についているように見える。結果、千代翔馬の髷が先についたとの判定で、軍配通り。

  • 5日目
  • 対 出羽疾風 ○ 上手投げ
    ・千代翔馬ががむしゃらに攻めて上手投げ!

  • 6日目
  • 対 天鎧鵬 ● 寄り倒し
    ・先に千代翔馬が上手を取るが、天鎧鵬が巻き替えて前に出る!千代翔馬、土俵際逆転はならず。

  • 7日目
  • 対 阿武咲 ● 押し出し
    ・阿武咲がいい出足!千代翔馬は引いてしまった。

  • 中日
  • 対 徳真鵬(幕下) ○ 送り出し
    ・千代翔馬突っかける。千代翔馬突っかける。三度目で立つ。千代翔馬、出投げで崩して送り出し。

  • 9日目
  • 対 旭大星 ○ 送り倒し
    ・千代翔馬がいなして後ろに回って送り倒し。

  • 10日目
  • 対 大翔丸 ○ 引き落とし
    ・千代翔馬が変わってからの引き落とし。盛り上がらない。

  • 11日目
  • 対 荒鷲 ○ 寄り切り
    ・千代翔馬がいい形を作って一気に寄り切り!

  • 12日目
  • 対 里山 ● 下手投げ
    ・里山、千代翔馬の引きに乗じてどんどん前の出る!その流れでさっと下手を取って下手投げ!盛り上がった!

  • 13日目
  • 対 北磻磨 ○ はたき込み

  • 14日目
  • 対 大栄翔 ○ 裾払い
    ・千代翔馬が回しを取って大栄翔の押しを止めた。必死さが伝わる激しい相撲だった。
    ※若藤親方(元皇司)、千代翔馬の相撲は強引で怪我しやすいと心配する。

  • 千秋楽
  • 対 鏡桜 ● 寄り切り
    ・鏡桜がいい形を作って寄り切り!インフルエンザで休場したが、7勝目!

平成28年初場所の千代翔馬

今場所が新十両の千代翔馬。

新十両の場所で、見事8勝7敗。勝ち越しです!

この力士の相撲は、どう表現したらいいかは、ちょっと難しいです。

かつてに旭鷲山関のような、典型的なモンゴル相撲タイプとも言えるし、がむしゃらな激しい相撲とも言えるし。

もっとも、旭鷲山関も相当強気な相撲を取る方だったので、やっぱり連想するのは旭鷲山ですね。

勝つことに飢え渇き、必死に取ることは、いいことだと思います。

力士さんがそういう気持ちで相撲を取ってくれないと、面白くないですもん。

でも14日目に若藤親方(元皇司)がおっしゃっていたことが気になりました。

「怪我しそうで心配になる」

うーん、確かに。。。

少し前の大砂嵐も、立合いに顔面目掛けてカチあげる相撲や激しすぎる相撲が「相撲の品位を汚す」というようなバッシングを受けた時期がありました。

でも結局、激しい相撲を取りすぎたせいか、今は怪我で苦しんでますもんね>_<

千代翔馬関の兄弟子の千代の国関も、相当激しい相撲を取る人ですが、怪我が多いです>_<

激しい相撲は、見た目には迫力があって面白いけれど、常に危険と隣り合わせなんですね。

超激しい相撲は、もっと危険と隣り合わせかもしれません。

怪我のないように、というわけにはいかないかもしれませんが、なるべくなら、怪我しないで勝つ相撲を磨いてほしいなと思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

千代翔馬に関する今場所の記事

[ai] 新十両・千代翔馬は朝青龍の後輩。気合の入った相撲も先輩譲りか?

千代翔馬に関する過去の記事

[ai] 平成27年大相撲名古屋場所 西幕下十五枚目 千代翔馬 日別メモ

平成28年初場所 全記事一覧はこちら↓
スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする