[ai] 次の関取はキミだ!2016 まとめ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 次の関取はキミだ!2016 まとめ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年初場所の取組合間企画「次の関取はキミだ!」のまとめページを作成いたしました。

スポンサーリンク




次の関取はキミだ!

BS-NHKの大相撲中継、幕下の取組の合間中、解説の親方に次の関取候補を聞いていくコーナーです。

中日まで行われ、各親方の見立ては、以下のようなものとなりました。

初日 甲山親方(元大碇) 貴乃花部屋の貴公俊&貴源治

キャッチコピー「ブレイク間近!双子の貴公子」

突っ張ってから回しを取る、という、正攻法のいい型を持っていること。

懐の深さ、相撲未経験なのに入門から2年半で幕下まで番付を上げた、潜在能力の高さが評価されました。

双子が揃って関取になったことは、歴史の長い相撲界でも前例がないとのことなので、ぜひ、見てみたいですね!

二人とも甲山親方(元大碇)の期待に応えてか、初場所は好成績!
弟の貴源治さんは、8人での優勝決定戦にも出場しました。

甲山親方(元大碇)のコメント詳細は、以下の記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所初日(幕下) 取組結果一行メモ

初場所の貴公俊&貴源治の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所 西幕下五十三枚目 貴公俊 5勝2敗

[ai] 平成28年大相撲初場所 西幕下六十枚目 貴源治 6勝1敗

2日目 若松親方(元朝乃若) 八角部屋の大輝

「前さばきの優等生」

前みつのさばき方、前で相手との距離感を取るのが上手いことを「前さばきが上手い」と言うそうです。

そういえば「前さばき」 って言葉、解説で時折出てきますよね!

今まで何となく聞き流していましたが、初めて意味合いが分かりました!

……とはいえ、意味が分かっただけで具体的にはあまりよく分からないのですが(^_^;)

でも、とても大事なことなんでしょうね。

押し相撲の力士は相手と距離を取ってなんぼ、回しを切ってなんぼですもんね。

若松親方(元朝乃若)の期待に応えて、初場所、大輝は5勝2敗と好成績。
すぐに関取に上がりそうです。

若松親方(元朝乃若)のコメント詳細は、以下の記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所2日目(幕下) 取組結果一行メモ

初場所の大輝の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所 東幕下十六枚目 大輝 日別メモ

3日目 松ヶ根親方(元玉力道) 木瀬部屋の笹ノ山

「無骨に押し出し一本道」

松ヶ根親方(元玉力道)は、どんな力士でもきっかけ次第で関取になれる可能性はあると考えておられるようです。

そのため、候補を一人に絞るのに相当時間がかかった様子。

その松ヶ根親方(元玉力道)が最後の一人に絞ったのは、木瀬部屋の笹ノ山でした。

アドバイスをよく聞き、自分の型に徹していること。

相撲がちょっと下手なところ(右の肘があくなど)はあるけれど、自分の型に徹しているところを買っておられるようです。

初場所、笹ノ山は残念ながら3勝4敗と1点の負け越し。

勝った相撲はいい押し相撲ばかりだったのですが、親方の悪い方の見立て(右の脇があく)が出てしまう場面も多く、そこが災いしてしまいました>_<

悪ところを直すことも大事ですが、いいところを伸ばすことで、弱点もカバーできるようになるといいですね。

松ヶ根親方(元玉力道)のコメント詳細は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所3日目(幕下) 取組結果一行メモ

初場所の笹ノ山の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所 西幕下二十一枚目 笹ノ山 3勝4敗

4日目 玉垣親方(元智乃花) 木瀬部屋の宇良

「器用な業師」

宇良君といえば居反り。

智乃花も居反りの人。

その縁か、元智乃花の玉垣親方は宇良を推薦。

前さばき、体さばきが上手いこと。

差させない上手さがあることを評価されていました。

前さばきは瞬間的な体の反応なので、ある程度は鍛えられるけれど、天性のものによるところが大きいそうです。

中に潜った時も、強靭な足腰で相手の圧力をするりと交わすことが出来るとのこと。

これから必要なのは、立合いの鋭さと押す力だと話しておられました。

元々優しいコメントをされる親方ですが、相当高く評価されていますね!

入門一年であっという間に十両目前まで上がるくらいですから、それ相応のものは持っているのでしょうね。

入門当初は、はたしてプロの大相撲でやっていけるのかとさえ思われていましたが……いい意味で期待を裏切ってくれました!

初場所では、潜ったりトリッキーな動きで翻弄する相撲だけでなく、ガツンと当たってから引いたり、一気に押し出す相撲も見せていました!

玉垣親方(元智乃花)がおっしゃっていた「立合いの鋭さと押す力」もつけている様子。

これは今後がますます楽しみです!

玉垣親方(元智乃花)のコメント詳細は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所4日目(幕下) 取組結果一行メモ

初場所の宇良の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所 西幕下八枚目 宇良 日別メモ

5日目 高崎親方(元金開山) 春日野部屋の栃丸

「ファンを魅了!気迫の押し」

丸くて、気持ちのいい押し相撲を取る栃丸。

高崎親方(元金開山)の期待に応えて、初場所は見事、幕下優勝を果たしました!

高崎親方(元金開山)は栃丸について、元気が良く、体を生かした迫力のある相撲が魅力であるとおっしゃっていました。

小細工のない相撲がいい、とも。

体にあった相撲を取ることが大事、ということは、解説で度々話しておられますね。

そこは本人だけでなく、師匠のセンスも問われるところかもしれません。

高崎親方(元金開山)のコメント詳細は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所5日目(幕下) 取組結果一行メモ

初場所の栃丸の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所 東幕下十三枚目 栃丸 日別メモ

[ai] 幕下優勝 栃丸 インタビュー (平成28年初場所)

6日目 三保ヶ関親方(元栃栄) 高田川部屋の白鷹山

「山形の白熊」

高田川部屋期待の若手の一人・白鷹山。

三保ヶ関親方(元栃栄)は、太い腕から出される突き押しが本当に重そうだと話しておられました。

引かずに前に行くところが魅力。

相手を根こそぎ持っていく相撲を見たい、とも。

キャッチフレーズは、見た目が白熊っぽいからそうつけたとのこと(笑)

確かに、大柄で、全体的に白いので白熊っぽいですね(笑)

三保ヶ関親方(元栃栄)のコメント詳細は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所6日目(幕下) 取組結果一行メモ

初場所の白鷹山の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所 西幕下七枚目 白鷹山 日別メモ

7日目 不知火親方(元若荒雄) 佐渡ヶ嶽部屋の琴宏梅

「筑豊のブルドーザー」

不知火親方(元若荒雄)は琴宏梅について、小柄ながら、その体格を生かして下から一気に持っていく押し相撲に期待されているようです。

とりたててエリートではなく、泥臭いところも、ブルドーザーっぽいと話しておられました。

どちらかというとですが、「こいつはなるだろう」というより「こいつになってほしいな」という期待を感じました。

苦労して関取に上がった不知火親方(元若荒雄)らしい人選ですね。

不知火親方(元若荒雄)のコメント詳細は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所7日目(幕下) 取組結果一行メモ

初場所の琴宏梅の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所 西幕下三十四枚目 琴宏梅 3勝4敗

中日 山分親方(元武雄山) 木瀬部屋の濱口

「不屈の押し相撲」

濱口さんは、怪我で幕下上位から序ノ口まで下がってしまったそうです。

でも、腐らずに頑張っていたので、その姿に山分親方(元武雄山)は好感を持ったよう。

頑張って戻ってきたから関取に上がってもらいたい、と思われているようでした。

「押し相撲は安易に引くと致命傷になるし、怪我にも繋がるので気をつけてほしい」ともおっしゃっていました。

その日、濱口がいい相撲で勝ったので、山分親方(元武雄山)はとても嬉しそうでした(笑)

本当に応援なさっているのだなと思いました。

一生懸命頑張る、いい力士なんでしょうね。

そんな山分親方(元武雄山)の期待に応えて、初場所、濱口は6勝1敗と好成績で、8人での優勝決定戦にも進出しました!

山分親方(元武雄山)のコメント詳細は、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所中日(幕下) 取組結果一行メモ

初場所の濱口の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所 東幕下十八枚目 濱口 6勝1敗

初場所終了後の次期関取候補たち

初場所終了後、ここで名前が上がった力士のうち、貴源治、宇良、栃丸、濱口の4人が6勝1敗で8人での優勝決定戦に進出!

栃丸が見事、幕下優勝です!

残念ながら笹ノ山と琴宏梅は負け越してしまいましたが、貴公俊、大輝、白鷹山は5勝2敗と好成績。

多くの力士が、立派に指名してくれた親方の期待に応えられたのではないでしょうか。

でも、本当の意味で応えるのは、やはり関取になることだと思うので、ぜひそれを目指して、頑張ってほしいですね。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。