[ai] 平成13年名古屋場所 6人による十両優勝決定戦 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成13年名古屋場所 6人による十両優勝決定戦

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年名古屋場所 9日目 幕下の取り組み中継中、平成13年名古屋場所の思い出が紹介されました。

スポンサーリンク




史上最多!6人での優勝決定戦

平成13年名古屋場所。

史上最多 6人の力士による十両優勝決定戦が行われました。

その時の映像が取組の合間に放送されました。

出場力士は貴闘力、濵錦、寺尾、戦闘竜、大碇、武雄山、玉力道、若兎馬の6名。

6人も残っただけあり、成績は9勝6敗と優勝にはやや物足りないものではありましたが、滅多に見られない光景。

6人でくじ引きをしてのトーナメント戦。

このトーナメントに出場した松ヶ根親方(元玉力道)は、

「負けての出場だったから、とてもしんどかった」

とのこと。

「武雄山(現山分親方)は、勝っての出場だったから、気合が入ってたんじゃないですかね?」

とも、おっしゃっていました。

このトーナメントの優勝者は、武雄山です。

なお、このトーナメントの準決勝と決勝をさばいていたのは、十両格時代の 木村景之助さん。

現在は幕内格の行司さんです。

スポンサーリンク







[ai] 平成13年名古屋場所 6人による十両優勝決定戦
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする