[ai] 平成28年大相撲春場所2日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所2日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所2日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




2日目 幕下の実況と解説

2日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 岡崎太希
解説 : 若松親方(元朝乃若)
リポート : 太田雅英
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 稲川親方(元普天王)
リポート : 佐藤洋之
(敬称略)

でした。

初日までの展開

初日の相撲につきましては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲春場所初日(幕下) 取組結果一行メモ

2日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○極芯道-舛東欧● 引き落とし
・押し合いからの引き落とし。極芯道は初幕下で最初の相撲白星!
【解説】若松親方(元朝乃若)「舛東欧はサポーターが気になったが、その足が出ていない」

●葵-水戸豊○ 押し出し
・押し合いの攻防。最後は水戸豊が押し出し。

○朝興貴-春日丸● 突き出し
・朝興貴が一気に突き出し!
※春日丸は初幕下。残念ながら最初の相撲は黒星。

●荒篤山-南海力○ 押し出し
・南海力突っかける。南海力が前に出るいい相撲!

○瞬迅-栃の濱● 引き落とし
・瞬迅が激しい相撲!盛り上がった!栃の濱は脳震盪だろうか?膝から崩れるように倒れた。

●芳東-萬華城○ 押し出し
・芳東突っかける。二度目で立つ。ふわっと立って、萬華城が前に出る。芳東は元気がない。

●豊後錦-武蔵海○ 引き落とし
・豊後錦が押し、武蔵海が横から崩した。

●駒木龍-魁ノ隆○ 押し出し
・魁ノ隆が相手の懐に入り、前に出るいい相撲!

○克乃富士-佐々木山● 押し倒し
・克乃富士が中に入って前に出る!いい相撲!

●琴福寿野-大元○ 寄り切り
・大元が両廻しを取って寄り切り!が、押し相撲一本に絞って磨く稽古をしているためか、首をかしげる。

●白虎-若龍勢○ 寄り切り
・若龍勢が双差しになって前に出る!

●栃颯-肥後ノ城○ 送り倒し
・押し合いから、肥後ノ城が体を開いて崩した!終始肥後ノ城が攻めていた。

○竜勢-出羽鳳● すくい投げ
・出羽鳳が前に出るが、竜勢、逆転のすくい投げ!盛り上がった!

○鐡雄山-十勝海● 寄り切り
・短時間ながら動きも攻防もある相撲!最後は鐡雄山が寄り切り!

○力真-千代栄● 押し出し
・千代栄突っかける。二度目で立つ。力真が一気に出る!早かった!
【解説】若松親方(元朝乃若)「千代栄は立ち遅れた。待ったがあったことで、考えてしまったのではないか?」

○古場-碧天● 押し出し
・古場が一気に出る。碧天は待ったと勘違いしてしまったか、力が入っていなかった。

●禧勢ノ山-豪頂山○ 寄り切り
・禧勢ノ山が押して前に出るが、豪頂山、しのいで廻しを取って形成逆転!

○碧己真-隠岐の富士● 寄り倒し
・碧己真が頭をつけ、隠岐の富士が上手を取る体勢での攻防。どちらもきつそうな体勢だったが、最後は碧己真が前に出た!
【解説】若松親方(元朝乃若)「隠岐の富士はもっと早く前に出なければいけなかった」

●相山-明生○ 押し出し
・攻防のある相撲。最後は明生が振り回して押し出し!

●大雷童-海龍○ 押し倒し
・両者なかなか手をつかず、立合い不成立。二度目で立つ。海龍が一気に押し倒し!

●大翔岩-虎太郎○ 押し出し
・虎太郎がいい押しで一気に押し出し!

○宝香鵬-磋牙司● はたき込み
・磋牙司、低い体勢で前に出たが、宝香鵬、崩して逆転!

●鳰の湖-高立○ 押し出し
・鳰の湖突っかける。二度目も合わない。鳰の湖が早い。三度目で立つ。高立が小手に降って押し出し。鳰の湖は立合い合わなかったことが影響したか?

○竜電-栃登● 上手投げ
・攻防のある相撲で盛り上がる!初め栃登が竜電を土俵際ギリギリまで追い詰めるが、竜電残して逆転!

十両土俵入り

○飛翔富士-慶天海● 上手出し投げ
・慶天海が立合いすっと潜るが、飛翔富士、落ち着いてさばいた。
【解説】稲川親方(元普天王)「飛翔富士は落ち着いていた。慶天海はもう少し動きたかった」

○佐藤-大輝● 引き落とし
・佐藤が一気に押してからの引き。立合いで先手を取ったように思う。
※佐藤は埼玉栄高卒業後すぐ入門。大輝は埼玉栄高卒業後、日体大へ進学。取組後、稲川親方(元普天王)、刈谷アナウンサーともに、「大輝は負けられない気持ちが強すぎたのではないか?」とコメント。

●芝-琴恵光○ 寄り切り
・琴恵光、立合いすぐ双差しになり、一気に寄り切り!いい相撲!

○白鷹山-若乃島● 押し出し
・若乃島、立合いすぐ双差しになり一気に出るが、白鷹山、体勢を立て直して逆転。

●阿炎-宇良○ 押し出し
・特徴のある四股を踏む力士同士の対戦。四股で盛り上がる。宇良は足を狙い、阿炎は激しい張り手で応戦。なかなか当たらないが、効果はあるように見える。が、最後は阿炎が我慢負けして引いたところを宇良が一気に出た!

感想

阿炎 対 宇良。
個人的に非常に楽しみだった取組は、宇良に軍配です!
面白い相撲でしたねぇ^o^

地元越谷出身の阿炎と、居反りの宇良。
ずっと応援している地元の力士を応援したい気持ちと、宇良の快進撃を見たい気持ちとが半々な思いで観戦した本取組。

どちらも頑張れ、どちらが勝ってもやったぁなのですが、どっちも応援したいから、ある意味困る取組でした(苦笑)

相撲ファンにも色々なタイプの方がいらっしゃるかと思いますが、一人の力士だけをひたすら一途に応援し、他は全く眼中にないという人もそういないかとは思うので、多くの方が一度は、こんな気持ちを味わうのではと思います(笑)

でも、純粋に相撲としては好カードな取組。
その期待を裏切らない、いい相撲でした^o^

今日の幕下は後半、特に上位五番は、見応えあるいい相撲ばかりでしたね♪

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲春場所2日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲春場所2日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所2日目(十両) 取組結果一行メモ

平成28年春場所 幕内の全取組の感想については、下記まとめをご参照いただければと思います!

[ai] 平成28年大相撲春場所まとめ(幕下&幕下以下)

阿炎 vs 宇良の相撲につきましては、別ブログにもがっつり感想を書いております!

[ai] 平成28年大相撲春場所 2日目 対 宇良 ● 押し出し – イケメン阿炎の四股にホレた!

スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲春場所2日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする