[ai] 平成28年大相撲春場所3日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所3日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所3日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




3日目 幕下の実況と解説

3日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 太田雅英
解説 : 濱風親方(元五城楼)
向正面 : 栃乃藤(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 白崎義彦
解説 : 振分親方(元高見盛)
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

2日目までの展開

2日目の幕下の相撲につきましては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲春場所2日目(幕下) 取組結果一行メモ

3日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●極芯道-力斗○ 押し出し
・初幕下同士の対戦。力斗が前に出て押し出し!

○伯錦-舛東欧● 上手投げ
・舛東欧が前に出て、伯錦が投げを打ち、同時に落ちて軍配舛東欧で物言い。映像では、舛東欧の足の甲が先に返っているように見える。伯錦の体があるかどうか。結果、舛東欧の肘が先に落ちたとの判定で、差し違い。伯錦はかなり無理のある体勢から投げを打っていた!

○朝興貴-飛天龍● 上手投げ
・朝興貴が不利な体勢から、豪快な上手投げ!

○南海力-華王錦● 送り出し
・南海力突っかける。二度目で立つ。組んで動きが止まる展開。南海力が右半身の体勢から送り出し。栃乃藤さんによると、南海力は右が器用で、右からの捻りや内無双が多いとのこと。

●松葉山-芳東○ 突き落とし
・松葉山、立ち合いから突き放せず、投げなどで応戦するが、最後は芳東が突き落とし。

●高春日-剛竜○ 押し出し
・剛竜、高春日の引きに乗じて一気に出る!

○武蔵海-琴欣旺● 押し出し
・武蔵海突っかける。二度目で立つ。武蔵海が一気に前に出る。
【解説】濱風親方(元五城楼)「琴欣旺は先場所も同じような展開で負けていた。コメントのしようがない。悪い見本になってしまった。まあ、武蔵海を褒めるべきだろう」

●魁ノ隆-大岩戸○ 押し出し
・大岩戸が突き放す。最後は右が入ったところを嫌って押し出し。いい相撲!

●前田-克乃富士○ 寄り切り
・克乃富士が一気に寄り切り!前田は差し負けて双差しを許し、巻き替えたところで完全に上体があがってしまった。

●琴福寿野-佐々木山○ 寄り切り
・佐々木山が前に出て寄り切り。
【解説】濱風親方(元五城楼)「琴福寿野は立合い何をしたいのかはっきりしない。強引な相撲で怪我に繋がる」

○宝龍山-若龍勢● 寄り切り
・四相撲の攻防。宝龍山が前に出て寄り切り。
※濱風親方(元五城楼)、宝龍山を「器用。廻しの切り方が上手い」と絶賛。

●肥後ノ城-寺尾○ 寄り切り
・寺尾が両廻し。かなり無理のある体勢だったが、徐々に体勢を整えて寄り切り!肥後ノ城も懸命に残したが、最後は吊りながら寄った!

○双大竜-竜勢● 送り出し
・双大竜が双差しになって前に出る。

○鐡雄山-高三郷● はたき込み
・鐡雄山が動きの中ではたき込み。

●力真-武玄大○ 寄り切り
・武玄大がいい攻めで寄り切り!
【解説】濱風親方(元五城楼)「武玄大は膝の使い方が上手い」

○野上-古場● 上手投げ
・野上が大きく変わって上手投げ!

●豪頂山-山口○ 送り出し
・山口が当たっていなして送り出し。

○碧己真-大和富士● 押し出し
・碧己真、相手の引きに乗じて一気に出る!

●舛ノ勝-明生○ 押し出し
・短いがいい相撲!舛ノ勝が突っ張り、明生が押し返した!

●虎太郎-海龍○ 送り出し
・押し合いで、海龍がいなして回り込んで送り出し。

●大清峰-岩崎○ はたき込み
・岩崎が押し合いからのはたき込み。

●宝香鵬-琴弥山○ 押し出し
・琴弥山がいい相撲!今場所は非常に元気だ!

十両土俵入り

○安芸乃川-高立● はたき込み
・安芸乃川が立合い変化一発。
【解説】振分親方(元高見盛)「高立が下がって仕切ったので、安芸乃川はこれなら引けると踏んだのだろう」若いんだから思い切って当たってほしかった、と言いつつも、的確な解説。

●諫誠-竜電○ 寄り倒し
・組んでの攻防。諫誠巻き替えならず、竜電が極めて前に出る。

●白鷹山-照強○ 押し出し
・組んで動きの止まる展開。照強が徹底して廻しを与えず、我慢して前に出た!盛り上がった!

●阿炎-大翔鵬○ はたき込み
・阿炎突っかける。二度目で立つ。阿炎、最初の突っ張りは良かったが、足が出ず。。。大翔鵬は落ち着いてはたいた印象。
【解説】振分親方(元高見盛)「阿炎は焦りすぎたのではないか?大翔鵬は阿炎の上体が伸びるタイミングを見逃さなかった」

○宇良-玉飛鳥● 引っかけ
・玉飛鳥が圧倒して前に出たかに見えたが、宇良、土俵際で逆転!玉飛鳥がさすがに幕内経験者の実力を見せつけたが、宇良がさらに上をいったような印象。
【取組前】振分親方(元高見盛)、「宇良は体感が非常にいい。居反りより身体能力の高さを評価すべき」とコメント。

感想

前半は、かなり不利な体勢の投げで逆転する相撲が多かったですね!

見応えがあり、盛り上がりました♪

ただ、それって相当な器用さであると同時に、力技な印象も否めないので、怪我に繋がらないか心配です>_<

まあ、怪我を怖がって消極的になっていても、相撲は面白くないですが(^_^;)

幕下最後の相撲では、宇良が魅せてくれました!

でも、さすが幕内経験者の玉飛鳥。

宇良が尋常じゃない低さで潜ってこようが、構わず前に出て圧倒しましたね!

それをさらに宇良が土俵際、俵に足をかけての引っかけで逆転!

「おぉ、さすが玉飛鳥!幕内経験者は違うなぁ」と感動したのも束の間。

すぐに宇良が逆転し、二度感激出来る相撲でした^o^

でも、一瞬の出来事なので、ちょっと現状を認識するのに時間がかかり、直後はしばらく口あんぐりでした。

先場所の解説で、玉垣親方(元智乃花)は宇良について、前さばきの上手さと強靭な足腰 を高く評価されていました。

参照 : [ai] 次の関取はキミだ!2016 まとめ

今日の解説では、振分親方(元高見盛)が 体幹と身体能力の高さ を評価されています。

うーん。

居反りやトリッキーな動きだけで上がってきたわけではないことは、確かですね。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲春場所3日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲春場所3日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所3日目(十両) 取組結果一行メモ

平成28年春場所 幕下の全取組の感想については、下記まとめをご参照いただければと思います!

[ai] 平成28年大相撲春場所まとめ(幕下&幕下以下)

阿炎の相撲に関しては、別ブログにガッツリ感想を書かせていただいております!

[ai] 平成28年大相撲春場所 3日目 対 大翔鵬 ● はたき込み – イケメン阿炎の四股にホレた!

スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲春場所3日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする