[ai] 平成27年名古屋場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所11日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




11日目幕下の実況と解説

11日目幕下の実況と解説は、

実況 : 白崎義彦
解説 : 大山親方(元大飛)
向正面 : 琴千歳(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 三瓶宏志
解説 : 雷親方(元垣添)
リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

10日目までの展開

    <10日目終了時点での幕下全勝(5-0)>

  • 東2 大翔丸(大阪・追手風)
  • 西20 朱雀(福島・八角)
  • 西30 竜王浪(モンゴル・立浪)
  • 西50 飛天龍(福岡・立浪)

※11日目に大翔丸-竜王浪、朱雀-飛天龍戦が組まれます。番付上から順でないのは竜王浪と飛天龍が同部屋のため。

詳しくは下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年名古屋場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

11日目幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、◯が白星、⚫️が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

⚫️千代雷山-荒篤山(三段目)◯ 押し出し
・荒篤山が一気に前に出る!
※荒篤山が3勝3敗で踏みとどまる。千代雷山は負け越し。

◯伯錦-芳東(三段目)⚫️ 小手投げ
・投げの打ち合い。パッと見は伯錦だったが、軍配芳東で物言い。スローでも芳東が先に落ちているように見える。結果、芳東の膝が先に着いているとの判断で、差し違い。

◯十勝海-華王錦⚫️ 寄り切り
・十勝海突っかける。二度目で立つ。十勝海が右四つ左上手のいい体勢を作って一気に寄り切り!

◯駒木龍-前乃富士⚫️ 寄り切り
・前乃富士が踏み込んだが、駒木龍がいい体勢を作って一気に寄り切り!
※前乃富士は初めての幕下、負け越し。踏み込んだ瞬間、上体が上がってしまったとのこと。

◯巨東-稲葉丸⚫️ 寄り切り
・巨東がじわじわ前に出て寄り切り。

◯笹山-水田⚫️ 寄り倒し
・笹山が先に廻しを取って前に出る!
※水田はとてもよく稽古をすると、大山親方評価。

◯四賀峰(三段目)-虎太郎⚫️ 押し出し
・虎太郎、前に出たが引いてしまった。

◯朝興貴-隠岐の富士⚫️ 突き出し
・朝興貴は一気の突き出し!いい突っ張りだった!
※大山「隠岐の富士が突っ張って下さいと言わんばかりに受けてくれたので、朝興貴は突っ張りやすかった」

◯琴福寿野-諫誠⚫️ はたき込み
・琴福寿野、押し込んでからのはたきかに見えたが、軍配は諫誠。勝名乗り後に物言い。映像では琴福寿野の足は残っているように見えるが、琴福寿野が髷を触っているようにも見える。結果、琴福寿野の足が残っているとの判定で差し違い。
※物言いは勝名乗りの前につけてほしい。本来は勝名乗りを受けたら覆せないルールと大山親方。

◯富栄-出羽鳳⚫️ 押し出し
・富栄が一気に前に出る!

⚫️野上-大波◯ はたき込み
・大波、立合いの変化一発。

⚫️安芸乃山-大翔龍◯ 押し出し
・大翔龍が下から下から前に出て押し出し!
※大山「200kgある相手でも下から押し上げれば押せる」

⚫️貴源治-若山◯ 押し出し
・若山が一気に前に出る!

◯琴宏梅-白虎⚫️ 押し出し
・白虎突っかける。二度目で立つ。琴宏梅が一気に前に出る!

⚫️武玄大-舛ノ勝◯ 押し出し
・舛ノ勝、武玄大のとったりに対応。一気に前に出る!

⚫️栃飛龍-笹ノ山◯ 突き落とし
・栃飛龍、いい突っ張りが出たが、いなしに崩れた。

◯飛天龍-朱雀⚫️ 押し出し
※全勝同士の対戦。二人が土俵に上がった瞬間から歓声が上がる。
・朱雀が土俵際回り込む際に足が出てしまった。

⚫️南海力-若龍勢◯ 上手捻り
・組んでの長い攻防。最後は若龍勢が足を飛ばして相手の体勢を崩して、上手捻り。

◯栃丸-芝⚫️ 寄り切り
・押し合いから芝が前に出て栃丸の突っ張りを組み止める。それから組んでの長い攻防。芝優勢かと思われたが、栃丸頑張って前に出た!

◯つる林-武蔵海⚫️ 引き落とし
・不調同士ながら、お互いに前に出ようと頑張るいい相撲だった。

⚫️勝誠-海龍◯ はたき込み
・勝誠が低く当たるのを、海龍右に動いてはたきこむ。

◯天空海-大清峰⚫️ 押し出し
・天空海が一気に前に出て押し出し。
※白崎アナ、大山親方ともに、今場所の天空海について「強引な投げに頼りすぎて自滅している」と厳しい評価だったが、この日の相撲は「前に出るいい相撲と高評価。

⚫️明生-東龍◯ 寄り倒し
・東龍、吊りながら寄り倒し。
※大山「明生は自分より背の高い相手に簡単に上手を取らせてはいけない」

⚫️朝弁慶-琴恵光◯ 送り出し
・琴恵光がいい動き!

十両土俵入り

◯禧勢ノ山-出羽疾風⚫️ 引き落とし
・出羽疾風が土俵際逆転したかに見えたが、軍配出羽疾風で物言い。映像では、出羽疾風の足が出るのと禧勢ノ山の体が飛ぶのとが微妙。禧勢ノ山の甲も微妙。結果、出羽疾風の足が出るのと禧勢ノ山の体が飛ぶのとが同時との判定で取り直し。
(2回目) 出羽疾風、禧勢ノ山のいなしに手をつく。
※禧勢ノ山は勝ち越し!出羽疾風は3勝3敗。最後の相撲に勝ち越しをかける。

◯白鷹山-安彦⚫️ すくい投げ
・安彦攻めきれず負け越し。白鷹山の懐の深さが伺えた。

◯大翔丸-竜王浪⚫️ 押し出し
※5連勝同士の対戦。
・大翔丸、竜王浪の変化に対応。一気に前に出る!
※大翔丸、錣山審判(元寺尾)に何か言われていた。怒られているというよりは、技術的な指導を受けているように見えた。

◯竜電-土佐豊⚫️ 寄り切り
・竜電が深い上手からに寄り切り。土佐豊、土俵際で双差しになるが間に合わず。

⚫️正代-旭大星◯ 押し出し
・旭大星が前に出るいい相撲!

感想

この日も熱戦がたくさん見られました^o^

優勝争い

全勝対決の勝者が決まり、いよいよ全勝力士が絞られてきました!

    <幕下全勝(6-0)>

  • 東2 大翔丸(大阪・追手風)
  • 西50 飛天龍(福岡・立浪)

幕下以下は基本、同じ成績の者同士で対戦が組まれるので、通常ならこの両者の直接対決が後日組まれ、優勝が決定することになります。

ただ、番付に開きがあることと、今後三段目以下の全勝者の人数の変遷次第によっては、ちょっとどうなるか分からないようです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲名古屋場所11日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年名古屋場所11日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所11日目(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

スポンサーリンク







[ai] 平成27年名古屋場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする