[ai] 平成27年名古屋場所11日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所11日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所11日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




11日目幕内の実況と解説

11日目幕内の実況と解説は、

実況 : 藤井康生
解説 : 鳴戸親方(元琴欧洲)
向正面 : 谷川親方(元北勝力)
東リポート : 吉田賢
西リポート : 船岡久嗣
(敬称略)

でした。

10日目までの展開

10日目終了時点での幕内成績優秀者は、以下の通りです。

1敗 : 白鵬、鶴竜、照ノ富士、栃煌山
2敗 : 鏡桜

1敗の栃煌山が全勝の両横綱を相次いで破ったため、1敗で4人が並ぶ展開となりました。

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年名古屋場所10日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

11日目幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、◯が白星、⚫️が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

◯青狼- 常幸龍(十両)⚫️ 押し出し
・両者立合いから上手の探り合い。先に上手を取った青狼が前に出た!
※青狼は今場所初めて連勝!

◯英乃海-豊響⚫️ はたき込み
・英乃海、立合いの変化!軍配英乃海で物言い。髷掴みか?映像では、触ってはいるが、掴んでいたかは微妙。結果、掴んではいないとの判定で軍配通り。※井筒親方、「英乃海」の名前が出て来ず、確認していた(笑)
※鳴戸親方、北の富士さん同様、「豊響は変化に対応出来なさすぎ」

◯遠藤-琴勇輝⚫️ はたき込み
・遠藤が琴勇輝の突っ張りをいなし、土俵際、押してからもう一度はたいたのが決まった!
※遠藤勝ち越し!勝ち越しインタビューでは、ホッとしたような笑顔を見せていた^ ^

◯貴ノ岩-旭天鵬⚫️ 寄り切り
・貴ノ岩が一気に寄り切り!
※旭天鵬は負け越し>_< 旭天鵬は元気がない。鳴戸親方「旭天鵬は足が細くなったにのではないか?」

⚫️時天空-里山◯ 引き落とし
・組んでの長い攻防。途中、足も飛んできた。里山、潜り切ることは出来なかったが、腕を引いての引き落としが決まった。

◯千代大龍-大砂嵐⚫️ 寄り切り
・千代大龍が一気に前に出る!両者が同時に正面井筒審判長の真上から落ちてきた。井筒審判、なかなか起き上がれず。。。
※千代大龍は勝ち越し!勝ち越しインタビューでははじけるような笑顔を見せていた。

◯嘉風-鏡桜⚫️ はたき込み
・嘉風、当たってからのはたき。
※嘉風勝ち越し!鏡桜は3敗>_< 勝ち越しインタビューでは「上位に戻りたい」と豊富を語った。

◯阿夢露-臥牙丸⚫️ 寄り切り
・阿夢露が前廻しいい位置を取って前に出る!いい相撲だった。
※阿夢露勝ち越し!インタビューでは、先場所初めて幕内で勝ち越して自信になったことと、膝の大怪我の話題も出た。

◯旭秀鵬-北大樹⚫️ はたき込み
・旭秀鵬、当たってからのはたき。あまり盛り上がらず。
※北大樹は負け越し>_<

⚫️誉富士-徳勝龍◯ 引き落とし
・誉富士突っかける。二度目で立つ。徳勝龍、当たってからの引き。
※誉富士は負け越し>_< 誉富士は今場所あまり良くない。

⚫️佐田の富士-豪風◯ はたき込み→肩透かし
・佐田の富士が攻め込むが、豪風、俵を使って回り込んで逆転!

後半

⚫️安美錦-玉鷲◯ 突き出し
・玉鷲がよく見て一気に前に出る!
※谷川「安美錦は右の膝が相当悪そうだ」安美錦は負け越し>_<

⚫️勢-豊ノ島◯ はたき込み
・勢、前に出たが土俵際逆転。足が出ない。勢は日に日に元気がなくなっているように思える。

◯隠岐の海-碧山⚫️ 突き落とし
・碧山が前に出るが、隠岐の海、土俵際逆転!

⚫️栃ノ心-妙義龍◯ 寄り切り
・妙義龍、立合いから双差しになり一気に寄り切り!

⚫️宝富士-高安◯ とったり
・組んでの少し長い攻防。宝富士が前に出たところ、高安、回り込んで逆転!腕を引っ張っていたので決まり手はとったり。高安は足を気にしている。
※取組前の谷川親方、宝富士の星が上がらない原因について「対戦相手は先場所と変わらないが、相手が研究してきている」なるほど。

◯佐田の海-逸ノ城⚫️ 上手投げ
・佐田の海が速い攻めで200kgを転がす!
※逸ノ城は負け越し>_<

⚫️栃煌山-豪栄道◯ 首投げ
・豪栄道の首投げが決まる。お客さん、拍手も若干静まり返る。
※栃煌山は2敗>_< 鳴戸親方「栃煌山は勝ち急いだ。もったいない」

◯稀勢の里-魁聖⚫️ 寄り切り
・稀勢の里が十分な左四つで寄り切り。

◯白鵬-照ノ富士⚫️ 寄り切り
・がっぷりに組んでの長い相撲。最後は白鵬。照ノ富士に上手を与えなかった。
※両親方「照ノ富士は右四つから左上手ではなく、左上手を先に取って右四つになった方が良かった」

⚫️琴奨菊-鶴竜◯ 寄り切り
・鶴竜、琴奨菊の出足を止めてじっくり寄り切る。

感想

栃煌山が敗れたのが残念でした>_<

久々に日本人力士の優勝の可能性を感じていただけに……

こう言うと「外国人力士へのリスペクトが足りない!」と怒られてしまうかもしれませんが、わたしも日本人なので日本人を応援したくなります^^;

白鵬は照ノ富士に上手を与えず、強かったですね。

でも、終わったあと汗びっしょりになっていたので、照ノ富士が相当力をつけたことも伺えます。

彼はこれからもっと強くなっていくでしょうから、この先の白鵬との対戦がどうなるのか、ますます楽しみです!

11日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

11日目の幕内は、

1位 遠藤
2位 阿夢露
3位 里山

でした!

上位に波乱は起きなかったので、前半戦で奮闘した力士たちがランクイン!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、11日目終了時点での幕内成績優秀者は、以下のようになりました。

1敗 : 白鵬、鶴竜
2敗 : 照ノ富士、栃煌山

両横綱がトップ。

このまま千秋楽横綱同士の相星決戦にもつれるのでしょうか?

楽しみに見守りたいと思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲名古屋場所11日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年名古屋場所11日目(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

スポンサーリンク







[ai] 平成27年名古屋場所11日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする