[ai] 平成28年大相撲春場所 東前頭筆頭 琴勇輝 12勝3敗 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所 東前頭筆頭 琴勇輝 12勝3敗

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年春場所 東前頭筆頭 琴勇輝の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、琴勇輝の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

東前頭筆頭 琴勇輝 日別メモ

琴勇輝 一巖 (ことゆうき かずよし)
所属部屋 : 佐渡ヶ嶽
本名 : 榎本 勇起
しこ名履歴 : 琴榎本 → 琴勇輝
番付 : 東前頭筆頭
生年月日 : 平成3年4月2日 25歳
出身地 : 香川県小豆郡小豆島町
身長 : 176.0cm
体重 : 176.0kg
得意技 : 突き・押し
引用元 : 力士プロフィール – 琴勇輝 一巖 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 12勝3敗
殊勲賞受賞 : [ai] 敢闘賞 琴勇輝 インタビュー (平成28年春場所)

  • 初日
  • 対 稀勢の里 ● 突き落とし
    ・琴勇輝が突っ張るが、稀勢の里が横から崩した。

  • 2日目
  • 対 白鵬 ● 押し出し
    ・琴勇輝突っかける。二度目で立つ。白鵬、立合い張って一気に出る。
    ※白鵬、横綱勝利数1位!
    ※高砂親方(元朝潮)、最近の白鵬の黒星について「これまでは引いたり後手に回っても運動能力でカバー出来たが、最近は出来なくなってきているのではないか?」と分析。

  • 3日目
  • 対 日馬富士 ○ 押し出し
    ・琴勇輝が一気に出た!初挑戦で初金星!
    ※本人も解説席にいる師匠も、こみ上げるものがある様子。

  • 4日目
  • 対 鶴竜 ● はたき込み
    ・琴勇輝が思い切って当たるが、鶴竜、横に崩してはたき込み。
    【解説】宮城野親方(元竹馬山)「琴勇輝は立合いは良かった。だがその後、手だけで足が出なかった」

  • 5日目
  • 対 豪栄道 ○ 突き倒し
    ・豪栄道突っかける。二度目で立つ。琴勇輝が一気に突きで圧倒!
    【解説】北の富士「悪い予感は当たった。豪栄道は押されると見るかはたくかのどちらかになってしまう。本調子ではなかったのだろう」

  • 6日目
  • 対 照ノ富士 ○ 寄り切り
    ・両者なかなか手をつかず、仕切り直し。二度目で立つ。琴勇輝が押してどんどん前に出る!照ノ富士は粘りが効かない。

  • 7日目
  • 対 高安 ○ 押し出し
    ・琴勇輝が強い!

  • 中日
  • 対 安美錦 ○ 押し出し
    ・安美錦が左に変わる。琴勇輝ついていき、攻め込んだところを安美錦が突き落としを仕掛ける。どちらも吹っ飛んだが、軍配琴勇輝で物言いはなし。映像では、明らかに安美錦が先に踏み出していた。琴勇輝は安美錦が出るまで気合いで踏ん張っていた。

  • 9日目
  • 対 嘉風 ○ 突き落とし
    ・琴勇輝が当たってからの突き落とし。一瞬だった。

  • 10日目
  • 対 碧山 ○ 押し出し
    ・初めは碧山が優勢だったが、琴勇輝が押し返して圧倒!マジか!

  • 11日目
  • 対 豊ノ島 ○ 突き落とし
    ・琴勇輝、当たってからの突き落とし。

  • 12日目
  • 対 栃煌山 ○ 押し出し
    ・栃煌山突っかける。二度目で立つ。琴勇輝が一気に出る!栃煌山は元気がない。

  • 13日目
  • 対 宝富士 ○ 押し出し
    ・琴勇輝が一気に押し出し!琴勇輝は張って宝富士を右にずらした。(宝富士の左四つを封じるためか?)
    ※宝富士は負け越し>_< 伊勢ヶ濱部屋、対 琴勇輝戦、全滅。。。

  • 14日目
  • 対 妙義龍 ○ 押し出し
    ・立合い合わない。二度目で立つ。琴勇輝が一気に押し出し!
    【解説】九重親方(元千代の富士)「(琴勇輝が最初の立合いでなかなか手をつかなかったことに対して)見苦しい。相撲の内容が良くても半減。これはただの焦らしだ」

  • 千秋楽
  • 対 勢 ○ 引き落とし
    ・琴勇輝の突きが炸裂!勢、横につけかける場面もあったが、構わず突き続けた!
    ※勢、敢闘賞受賞ならず。。。

平成28年春場所の琴勇輝

一横綱二大関を倒し、12勝と大勝ちしました!

大活躍でしたね♪

見事、殊勲賞受賞です!

これだけ勝ったのだから、敢闘賞とW受賞でも良かったのではないかと思うのですが、伊勢ケ濱審判部長から「立合いが合わないことが多い」ことを理由に、却下されてしまったようですm(_ _)m

確かに、振り返ってみると、立合いの合っていないことが多いですね(^^;;

14日目には九重親方(元千代の富士)から「これはただの焦らしだ!見苦しい!」とお怒りのお言葉もありましたm(_ _)m

勝つことだけでなく、品格も問われる大相撲の世界では、たとえ勝つための最大限の努力と言えど、立合いを合わせないことは「敢闘精神に値しない」と評価されても仕方ないのかもしれません。

琴勇輝のような押し相撲の力士は、立合いの一発が特に大事でしょうから、何としても自分の間合いで立ちたい気持ちが強いのでしょうが…… 難しいところですね。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

琴勇輝に関する今場所の記事

過去の力士別まとめ

平成28年春場所 全記事一覧

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする