[ai] 平成27年名古屋場所14日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所14日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所14日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




14日目幕下の実況と解説

14日目幕下の実況と解説は、

実況 : 船岡 久嗣
解説 : 山分親方(元武雄山)
向正面 : 白崎義彦
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 三瓶宏志
解説 : 谷川親方(元北勝力)
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

幕下優勝が追手風部屋の大翔丸に決定しました!
おめでとうございます^o^

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年名古屋場所13日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

14日目幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、◯が白星、⚫️が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

◯伯錦-十勝海⚫️ 引き落とし
・伯錦、当たってからの引き。あまり盛り上がらない。

◯貴公俊-荒篤山(三段目)⚫️ 寄り切り
・貴公俊が攻め込んだが、荒篤山土俵際逆転!軍配荒篤山で物言い。映像では、貴公俊の肘が先に落ちているように見えるが、荒篤山の膝もはやく落ちている。結果、取り直し。
(2回目) 荒篤山がいい体勢を作って一気に前に出る!が、軍配は貴公俊で物言い。映像では、貴公俊の足が出る前に荒篤山の足の甲が返っている。結果、取り直し。
(3回目) 貴公俊がいい体勢を作って寄り切り!
※貴公俊勝ち越し!荒篤山は負け越し>_<

⚫️前乃富士-千代雷山◯ 寄り切り
・千代雷山が前に出て寄り切り。

◯大波-琴福寿野⚫️ 送り出し
・大波が腕を手繰って後ろに回り込む。上手かった。

⚫️政風-大翔岩◯ 寄り切り
・大翔岩が一気に寄り切り!

◯久之虎-桜児竜⚫️ はたき込み
・久之虎が押して押してからの引き。

⚫️松葉山-琴弥山◯ 押し出し
・琴弥山が突いていなして押し出す!

⚫️磋牙司-鳰の湖◯ 押し出し
・鳰の湖が押し込む。磋牙司、土俵際の逆転はならず。

◯琴宏梅-栃登⚫️ 押し出し
・琴宏梅が一気に前に出る!

◯春日国-白虎⚫️ 上手投げ
・白虎が前に出るが、春日国、体を入れ替え、逆転!

◯佐藤-力真⚫️ 押し出し
・佐藤、押されながらも頑張って前に出て押し出し!
※佐藤勝ち越し!力真は負け越し>_<

⚫️希帆ノ海-貴源治◯ 寄り切り
・立合い合わない。二度目で立つ。貴源治が突っ張るのを、希帆ノ海、組み止める。貴源治、組まれてもいい体勢を作って寄り切り!

⚫️南海力-相山◯ 押し出し
・組んでの長い攻防。相山が頑張って押し出し!

◯宝龍山-つる林⚫️ 上手投げ
・つる林攻め込むが、宝龍山、逆転の上手投げ!

十両土俵入り

⚫️水口-千代翔馬◯ とったり
・今日は真っ直ぐ立った水口。千代翔馬が腕を手繰ってとったり。

□大翔鵬-碧天■ 不戦勝
・碧天、右足首の捻挫のため休場。骨や靭帯に異常はないとのこと。

◯千代の国-濱口⚫️ 突き出し
・千代の国が一気に前に出る!いい相撲だった!
※谷川親方「千代の国は相当緊張していた。これでは15日間はきつい」

⚫️白鷹山-東龍◯ 送り出し
・東龍がよく動いて送り出し!
※東龍は勝ち越し!白鷹山は負け越し>_<
※谷川「東龍はもう少し強く当たりたい。番付があと少し上がれば勝てない」

◯正代-朝弁慶⚫️ 突き落とし
・正代が土俵際逆転の突き落とし!

感想

優勝はすでに大翔丸に決定しましたが、14日目も面白い取組が目白押しでした♪

まず、2回取り直しになった貴公俊-荒篤山戦について。
合計3回も相撲を取ることになり、さすがに少し気に毒になってしまいました>_<
でも、いずれの相撲も、土俵際の詰めの甘さが原因なんですよね。
と、いうか、髷掴み以外の物言いがつく相撲は、たいてい土俵際の詰めの甘さが原因でつくことが多いのですが……
特に2回目の相撲なんて、内容的には完全に荒篤山の圧勝だったので、足の甲さえ返っていなければ、と悔やまれてなりません>_<
むしろ、軍配をもらった貴公俊の方が、3番目の相撲は気合が入ったのではないでしょうか?

そして、個人的目玉は、最後の正代-朝弁慶戦。
将来が期待される若い二人の対戦です。
朝弁慶が押しているように見えましたが、正代もよく体が動いていますね。
よく稽古をしているのが見て伺えます。
この相撲で5勝目をあげ、正代は来場所の新十両をさらに確定的なものにしました。
来場所以降の活躍も楽しみです!

それと、上位五番から解説を担当された谷川親方(元北勝力)の解説が、面白いと思いました!
力士の筋肉のつき方について詳しく説明してくれたり、力士の顔を見て緊張感のほどを見抜いたり。
千代の国さんは3勝3敗で勝ち越しをかける相撲だったので余計緊張していたものと思いますが、「これでは15日間はきつい」という言葉に、色々と深いものを感じてしまいました。
でも、15日間を想定した話題が出るということは、十両復帰ひいては幕内復帰も視野に入れてのことなので、それだけ期待もされているんだなと思いました。
幕下上位は関取経験者でも簡単には勝てない番付なので、今回は4勝3敗という成績でしたが、千代の国さんにはぜひまた、幕内に戻ってきてほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲名古屋場所14日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年名古屋場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所14日目(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

スポンサーリンク







[ai] 平成27年名古屋場所14日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする