[ai] 平成27年名古屋場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所千秋楽 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




千秋楽幕内の実況と解説

千秋楽幕内の実況と解説は、

実況 : 藤井康生
解説 : 北の富士勝昭
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 船岡久嗣
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

14日目までの展開

14日目終了時点での幕内成績優秀者は、以下の通りです。

1敗 : 白鵬
2敗 : 鶴竜

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年名古屋場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

千秋楽幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、◯が白星、⚫️が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

◯遠藤-阿夢露⚫️ 寄り切り
・遠藤が左の前廻し。懐に入って一気に前に出る!

⚫️北大樹-貴ノ岩◯ 下手投げ
・北大樹が前に出るが、貴ノ岩、土俵際逆転!

⚫️青狼-誉富士◯ 押し出し
・誉富士が前に出る。青狼は引いてしまった。

◯佐田の富士-里山⚫️ 押し出し
・里山突っかける。二度目で立つ。佐田の富士が一気に前に出る!早かった!
※北の富士「佐田の富士は小さい相手にやりづらいだろうに、よく恐れず前に出た!」

⚫️豊響-豊ノ島◯ 突き落とし
・豊響が押し込むが、豊ノ島、土俵際逆転!

⚫️玉鷲-琴勇輝◯ 突き出し
・琴勇輝が一気に突き出す!

⚫️旭秀鵬-英乃海◯ 寄り切り
・英乃海が双差しで一気に寄り切り!

◯隠岐の海-鏡桜⚫️ 寄り切り
・組んでの攻防。隠岐の海がいい体勢を作って寄り切り。

◯臥牙丸-豪風⚫️ 寄り切り
・臥牙丸が一気に寄り切り!

◯安美錦-時天空⚫️ 押し出し
・安美錦が下から前に出て押し出し。

後半

◯大砂嵐-碧山⚫️ 寄り切り
・大砂嵐、左にずれて一気に寄り切り!
※大砂嵐は敢闘賞の候補には上がったが、選考委員の過半数に満たなかったため受賞ならなぁったとのこと。頑張ったのになぁ。。。

◯高安-佐田の海⚫️ 寄り切り
・高安が一気に寄り切り。佐田の海は土俵際動けず。
※北の富士「佐田の海は胸が合ってしまうと何も出来ない。そうなる前に勝負をつけることだろう」

◯栃ノ心-旭天鵬⚫️ 寄り切り
・栃ノ心、吊りながらの寄り切り。
※旭天鵬は3勝12敗。花道を下がる時にはタオルで涙を拭っていた。放送席もしばらく何も言葉が出てこなかった。

⚫️徳勝龍-妙義龍◯ 寄り切り
・妙義龍、相手の変化に対応。いい体勢を作って寄り切り!

◯宝富士-魁聖⚫️ 寄り切り
・左四つの攻防。宝富士が巻き変えて攻守が目まぐるしく入れ替わり、前に出る!

⚫️勢-逸ノ城◯ 寄り切り
・逸ノ城が一気に寄り切り。勢、元気がない。
※北の富士さん、舞の海さんともに、「今場所の逸ノ城ほどがっかりしたものはない」とボロクソ(苦笑) 厳しい藤井アナウンサーは「 全くその通り」と頷くばかりでフォローなし(苦笑) 舞の海さん「日本の大相撲界に入って待遇が良くなって、大事なことを忘れているのではないか?モンゴルでのゲルの生活を思い出してほしい」もう言いたい放題^^;

⚫️栃煌山-嘉風◯ 押し出し
・嘉風、立合い左にずれて一気に前に出る!

◯琴奨菊-照ノ富士⚫️ はたき込み
・琴奨菊、当たってから左にずれた。
※琴奨菊、大関残留。
※北の富士「照ノ富士は琴奨菊の変化は頭になかっただろうが、反応出来ないところに若さがある」

⚫️稀勢の里-豪栄道◯ 突き落とし
・稀勢の里が前に出るが、豪栄道、土俵際逆転!
※豪栄道、大関になって初めて9勝目!(笑)

◯白鵬-鶴竜⚫️ 寄り切り
・白鵬突っかける。二度目で立つ。左四つのがっぷりに組んでの熱戦!いい相撲だった!
※途中まで互角だったが、取組中、鶴竜コールが起こった瞬間から白鵬が強くなった気がする。

白鵬、35回目の優勝!

感想

まずは、力士の皆さん、15日間お疲れ様でした^ ^

そして旭天鵬関、お疲れ様でした。
千秋楽の翌日、引退会見が開かれ、年寄「大島」を襲名することが正式に発表されました。
旭天鵬関への思いの丈は、追って別途記事にさせていただこうと思います。

琴奨菊-照ノ富士戦は、ややモヤモヤしてしまいました。
琴奨菊が無事カド番を脱出出来たのは良かったのですが、照ノ富士が思いのほかもろく、あまり気合も入っていなかったようの見えたのが残念でした。

示し合わせての八百長ではないと思っていますが、優勝がかかっているわけではない、相手がこの一番に勝てばカド番脱出という状況、大仏心が出てしまって本気を出せなかったのだとしたら、それはそれで少し残念なのですm(_ _)m

あるいは、ここまで取りこぼしなくきたものの、最後の最後で、先場所の魁聖戦や佐田の海戦のようなダメなパターンが出てしまったのかもしれません。(大関の琴奨菊には失礼ですが、今の照ノ富士がとても負ける相手とは思えないので)

照ノ富士に完膚なきまでに引導渡してもらうか、琴奨菊が本気の照ノ富士を倒してカド番を脱出してほしかったです>_<

そして、千秋楽結びの横綱対決!

しびれる対決でしたvv 結果は予想通りではありましたが、いい相撲でした!

むしろ残念なのは、結果よりも取組中の鶴竜コール。
強すぎる白鵬を倒して欲しい気持ち、決定戦が見たい気持ちは分かりますが、あれはあまりにも感じ悪いです!

マナー悪すぎです(怒)

勝った白鵬に対してちゃんと拍手があっただけまだ救われましたが、13日目の白鵬-豪栄道戦でのコールといい、もう白鵬負けろコールがあからさますぎて気分が悪くなります!

せっかくの手に汗握る熱戦に水を差す行為。本当にやめてほしいです。

勝負なのでどちらかを応援した方が面白いので、応援するのは構いませんが、こういう組織立った応援、相手力士のファンの声をかき消すような応援方法はやめてほしいです。

観戦約款でも禁止されていることだし、相撲協会にも何かしらの対応をお願いしたいですね。

※観戦約款については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 知ってる?国技館(相撲場)での“コール”って、実は禁止事項なんだよ! | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

千秋楽 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

千秋楽の幕内は、

1位 旭天鵬
2位 遠藤
3位 嘉風

でした!

最後の相撲を取り終えた旭天鵬、
今場所は強かった遠藤、
12勝目をあげ、敢闘賞も受賞した嘉風がランクイン!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝及び三賞

結果、幕内最高優勝と三賞は、以下の通りとなります。

優勝 : 白鵬(35)
殊勲賞 : 栃煌山(2)
敢闘賞 : 嘉風(4)
技能賞 : なし

おめでとうございます^o^

技能賞については、北の富士さんは「栃煌山が後半も勝っていれば受賞出来たんじゃないか?」とおっしゃっていました。

後半でやや勿体無い負け方をする相撲が多く、選考委員の印象を悪くしてしまったのかもしれませんm(_ _)m

でも今場所はちゃんと受賞者が出て良かったです!

三賞って、優勝の行方以上に千秋楽の楽しみですからね♪

三賞の該当者がなしばかりだと、物凄く寂しい気持ちになるので、三賞選考委員の皆様、あまり選考を厳しくしすぎないでいただけるとありがたいです^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲名古屋場所千秋楽 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年名古屋場所千秋楽(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所千秋楽(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

スポンサーリンク







[ai] 平成27年名古屋場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする