[ai] 西岩親方(元光法)が年寄 音羽山を襲名 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 西岩親方(元光法)が年寄 音羽山を襲名

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所千秋楽翌日の7月27日。

貴乃花部屋所属の西岩親方(元光法)が名跡変更し、「音羽山」を襲名することが発表されました。

詳しくは、下記をご参照のこと。

元幕内・光法の西岩親方、年寄「音羽山」を襲名
読売新聞 7月27日(月)21時6分配信

 日本相撲協会は27日、西岩親方(元幕内光法)が年寄「音羽山」を継承、襲名したと発表した。

 「西岩」は引退の意向を示している元関脇若の里が所有している。

引用元 : 元幕内・光法の西岩親方、年寄「音羽山」を襲名 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

「西岩」は元々若の里関が持っている年寄株ということなので、いよいよ、若の里関の引退が現実味を帯びてきました。

ただ、若の里関は現段階では進退についての名言は避け、「夏巡業に参加後、表明」ということになっています。

恐らくは、夏巡業終了後に引退が発表されるものと思われますが……

「夏巡業参加後に引退」と名言してしまうと、大相撲の世界では、引退意思のある者は戦う気のない者と見なされてしまい、巡業に参加させてもらえない可能性があるため、進退についての名言は先送りにされたものと思われます。

本当に「一日でも長く相撲を取っていたい」のでしょうね。

恐らく最後になるであろう、地元東北での夏巡業、悔いなく楽しんでほしいです^ ^


スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク