[ai] 平成27年大相撲名古屋場所 東前頭十四枚目 豊響 日別メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲名古屋場所 東前頭十四枚目 豊響 日別メモ

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成27年名古屋場所。東前頭十四枚目 豊響の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、豊響の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

平成27年大相撲名古屋場所 東前頭十四枚目 豊響 日別メモ

東前頭十四枚目 豊響 隆太(とよひびき りゅうた) 30歳
山口県下関市出身 境川部屋
成績 : 5勝10敗

  • 初日
  • 対 豊響 ○ 突き倒し
    ・バチン!といい音の立合いから、豊響が一気に前に出る!
    舞の海さん解説「豊響は冷静な押し相撲だった」
    千代大龍は足を引きずっていたとのこと。落ちる時に捻った模様。

  • 2日目
  • 対 里山 ○ 押し倒し
    ・里山潜るが、豊響の圧力が圧倒!
    取組前、中立親方(元小城錦)より「里山は圧力を受けながらではなく、かけながら潜らないといけない」という話があったが、まさにそれが分かった一番だった。

  • 3日目
  • 対 琴勇輝 ○ 突き落とし
    ・琴勇輝が押し勝ったが、土俵際もつれる。軍配琴勇輝で物言い。映像では、琴勇輝の手がつくのが早いが、豊響の親指が裏返っているかも微妙。結果、琴勇輝が先に落ちたとの判定で差し違い。

  • 4日目
  • 対 貴ノ岩 ○ 突き落とし
    ・立つまでに時間がかかったが一回で立つ。豊響、貴ノ岩に差されても押し続け、タイミングよく突き落とし。

  • 5日目
  • 対 旭天鵬 ● すくい投げ
    ・豊響が攻め込んだところ、旭天鵬が土俵際逆転!盛り上がって!豊響は連勝が止まる。旭天鵬は初日!

  • 6日目
  • 対 遠藤 ● 下手投げ
    ・遠藤が立合い前廻しを取る!そのままいい流れを作って下手投げ!

  • 7日目
  • 対 常幸龍(十両) ● 突き落とし
    ・豊響が一気に押し込んだが、土俵際で前に落ちる。

  • 中日
  • 対 鏡桜 ● はたき込み
    ・鏡桜、立合い一発の変化!ざわつく。
    北の富士さん解説「鏡桜は体が小さく、豊響の強い当たりをまともに受けたくないのは当然。豊響はそれも頭に入れておくべきだった」
    ※鏡桜は仕切りで豊響が後ろに手を置いているので突っ込んでくると思ったとのこと。冷静だ。

  • 9日目
  • 対 阿夢露 ● 突き落とし
    ・阿夢露、突っ張る豊響を組み止める。豊響が巻き変えたところを潰した!

  • 10日目
  • 対 青狼 ● 突き落とし
    ・青狼が立合いの変化一発。ざわついた。
    北の富士さん解説「豊響は今場所また変化で負けていないか?これは頭に入れておかないといけない」
    ※大坂アナウンサーがデータを確認したところ、鏡桜戦に続いて二度目。この日も北の富士さんが解説だった。

  • 11日目
  • 対 英乃海 ● はたき込み
    ・英乃海、立合いの変化!軍配英乃海で物言い。髷掴みか?映像では、触ってはいるが、掴んでいたかは微妙。結果、掴んではいないとの判定で軍配通り。
    ※井筒親方、「英乃海」の名前が出て来ず、確認していた(笑)
    ※鳴戸親方(元琴欧洲)、前日の北の富士さん同様、「豊響は変化に対応出来なさすぎ」

  • 12日目
  • 対 誉富士 ● 突き出し
    ・予想通りの押し合い。豊響が回り込む際に足が出た。

  • 13日目
  • 対 勢 ○ 押し出し
    ・豊響が一気に出る!勢は本当に元気がない。

  • 14日目
  • 対 北大樹 ● 寄り倒し
    ・北大樹がいい体勢を作って寄り倒し!何度も土俵際逆転されかけたが、よく対応した。
    ※北大樹は今場所、土俵際で逆転されることが多かったので、この日はよく対応出来て良かった。

  • 千秋楽
  • 対 豊ノ島 ● 突き落とし
    ・豊響が押し込むが、豊ノ島、土俵際逆転!

平成27年名古屋場所の豊響

場所前に婚約を発表し、初日から4連勝と絶好調かに見えましたが、終わってみれば5勝10敗。

連勝が止まってから、別人のように流れが悪くなりましたね(__)

特に立ち合いの変化で敗れる相撲が目立ちました。

立ち合いの変化で勝負がつくと、お客さんは熱戦が観れなくて面白くないのと、負けた力士がかわいそうにみえるのとで、とかく勝った方が卑怯者と非難されがちですが、対応出来なさすぎるのもよろしくないかと思います。

特に中日、北の富士さんが解説でおっしゃっていたように、豊響関のように大きくて突進力のある力士には、相手だってまともに当たりたくない場合も多いことは容易に想像出来るはず。

……もっとも、そんなことはわたしに偉そうに言われなくても、ご本人が一番よく分かっておられるでしょうけれどね(^_^;)

言うのは簡単だけど、ひとたび負けが混んでしまうと、足が思うように出ないのではないかと思います(__)

そんな弱点を、ことごとく対戦相手につかれた場所のように思えました。

東14枚目での5勝10敗なので、次の場所は恐らく、十両陥落です。

真面目でよく稽古をすることで有名な力士なので、すぐ幕内に戻ってこれるものと信じたいです><

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。


スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする