H30春14日目 幕内の全取組の感想 | 大相撲取組結果一行メモ

H30春14日目 幕内の全取組の感想

こんにちは^ ^
ペパーミントあいです。

平成30年大相撲春場所14日目の
幕内の全取組の感想をまとめています。

ファン目線で、直感で、
1〜3行くらいにまとめています。

映像がなくても、
何となく感覚的にどんな相撲だったのか
伝われば嬉しく思います。

スポンサーリンク




春場所14日目 幕内の概要

14日目は一敗の鶴竜が勝てば、
三敗力士の結果に関わらず優勝が決まります。

鶴竜は豪栄道と対戦。
引いたけど勝ちました!
内容が内容なだけに、盛り上がりにはいまいち
欠けましたが、優勝が決定です。

鶴竜の優勝は4回目。

去年は休場続き。
進退をかけた先場所は、
進退問題こそ退けたものの後半失速し、
優勝を逃してしまいました。

今場所こそは優勝してもらいたいと
思っていたので、
鶴竜の優勝はとても嬉しいです!

でも、何でこんなに
盛り上がりに欠けるんだ(⌒-⌒; )

春場所14日目 幕内の実況と解説

春場所14日目 NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 藤井康生
解説 : 陸奥親方(元霧島)
向正面 : 稲川親方(元普天王)
東リポート : 船岡久嗣
西リポート : 大坂敏久
(敬称略)

でした。

春場所14日目 幕内の全取組の感想

○旭秀鵬(十両)-錦木(5-9)● はたき込み
・錦木は今日、明日勝たないと幕内残留が厳しい。
が、立合い旭秀鵬のカチ上げに起こされ、
いなしに崩れ、押し返したところをはたかれ、
9敗目。。。残留が厳しくなった。。。

●石浦(7-7)-勢(11-3)○ 押し出し
・勢、今日は土俵入りの時から
目を真っ青に腫らしてファンの度肝を抜く!
取組には絆創膏をつけて登場。
最後の塩でも目が気になるようだ。
でも相撲は勢が一気に押し出し!強かった!

○大奄美(9-5)-琴勇輝(1-12-1)● 送り出し
・先に一気に攻め込んだのは琴勇輝だったが、
大奄美が腕を返して押し返す。
後ろを向かせて送り出し!

○栃煌山(5-9)-英乃海(3-11)● 引き落とし
・栃煌山が当たってからの引き落とし。
どちらも元気がない。

●朝乃山(8-6)-豊山(10-4)○ はたき込み
・豊山が当たっていなして崩してのはたき込み。
が、陸奥親方(元霧島)からは
「この相撲では物足りない」と不満そう。

○千代翔馬(7-6)-碧山(8-5)● とったり
・千代翔馬が立合いで前廻し!
碧山は突き起こしにかかるが突き起こせない。
その後は離れて、流れの中での引き技が決まる。
腕を取っているようにも見えたので
決まり手は「とったり」と発表された。

●隠岐の海(6-8)-妙義龍(6-8)○ 寄り切り
・妙義龍突っかける。二度目で成立。
妙義龍が双差しになって一気に寄り切り!
が、どちらもどことなく元気がない。。。

●千代の国(6-8)-大栄翔(8-6)○ 突き落とし
・大栄翔が喉輪で起こしてからの突き落とし。
大栄翔、勝ち越し!

○魁聖(11-3)-大翔丸(9-5)● 押し倒し
・魁聖が一気に押し倒し!強かった。
昨日この立合いが出来ていれば……

●琴奨菊(5-9)-阿炎(9-5)○ 寄り切り
・阿炎、変わって上手を取って一気に寄り切り!
変わりやがった……

後半

●荒鷲(2-12)-竜電(7-7)○ 寄り切り
・竜電、双差しを荒鷲に極められかけるが、
しのぎ続けて寄り切り!7勝目!

●輝(6-8)-宝富士(4-10)○ 引き落とし
・どっちが勝っているか分からなかったが、
軍配宝富士で物言いはなし。かと思ったら、
勝ち名乗りの瞬間に物言い。
スローでは宝富士の踵が先に出たかが微妙。
結果、取り直し。
(2回目) 宝富士が輝の当たりを受けてからの引き落とし。

○遠藤(9-5)-北勝富士(6-8)● はたき込み
・遠藤は張り差し狙いの立合い。
先に北勝富士がいなし、次は遠藤がいなす。
最後は回り込んではたき込み。

●松鳳山(7-7)-玉鷲(8-6)○ 突き落とし
・松鳳山が攻めて攻めて攻めまくったが、
最後は玉鷲が土俵際で逆転!

○逸ノ城(9-5)-正代(7-7)● 上手投げ
・先に正代が双差しになって攻め込んだかに見えたが、
逸ノ城も立合いでがっちり上手。
首根っこを押さえての上手投げが豪快に決まる。

○嘉風(6-8)-千代大龍(3-11)● 寄り切り
・嘉風、動きが鈍いなりにもいい相撲だった^o^
無駄な引きがあったり、左四つになった後が
長かったけれど、後半少しずつ盛り返している印象。

●千代丸(6-8)-栃ノ心(9-5)○ 寄り切り
・栃ノ心が右四つ左上手で一気に寄り切り!強い。

○高安(11-3)-御嶽海(6-8)● 突き落とし
・御嶽海の懸命さが伝わる相撲だった。
終始攻めていたのは御嶽海。
高安は防戦一方だったが、
御嶽海も痛めている足の構えが悪い。
最後は突き落とし。熱戦に盛り上がる!
いい相撲だった^o^

○鶴竜(13-1)-豪栄道(9-5)● はたき込み
・鶴竜、引いたけど勝った!
藤井アナ「土俵際で優勝が決まりました!」
なんだ、優勝が決まったのにこの盛り上がらない感じ。
でもおめでとう!

14日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

14日目の幕内は、

1位 遠藤(9-5)
2位 高安(11-3)
3位 竜電(7-7)

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







H30春14日目 幕内の全取組の感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする