[ai] 平成28年大相撲初場所中日(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所中日(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所中日 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




中日 幕下の実況と解説

中日 幕下の実況と解説は、

実況 : 高山大吾
解説 : 山分親方(元武雄山)
リポート : 角谷直也
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 戸部眞輔
解説 : 高崎親方(元金開山)
リポート : 吉田賢
(敬称略)

でした。

阪神大震災から21年目

この日はちょうど、阪神大震災から21年目。

亡くなられた方、ご遺族の方々に改めて、哀悼の意を表します。

取組合間のリポートでは、震災を経験した関西出身の力士に、その時のことを振り返ってもらうものも随所にありました。

7日目までの展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所7日目(幕下) 取組結果一行メモ

中日 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●王輝-高麗の国○ 突き落とし
・王輝が前に出るが、高麗の国、土俵際逆転!
【解説】山分親方(元武雄山)「王輝は足が揃ってしまった」

○玉金剛-霧馬山● 寄り切り
・玉金剛が一気に寄り切り!

○美登桜-電山● 寄り切り
・美登桜、本来は押し相撲だが、回しを取る。諦めずに寄り切り!美登桜、幕下初白星!

○富栄-豊後錦● 押し出し
・富栄が一気に押し出し!瞬殺だった。
【解説】山分親方(元武雄山)「豊後錦は立合い中途半端だった」

●駒木龍-寺尾○ 寄り切り
・寺尾が左四つで一気に出る!
※寺尾は指を痛めて突っ張りができないので、今は左四つの相撲を取るようにしているとのこと。

●玄界鵬-政風○ 上手投げ
・玄界鵬が一気に出たが、政風、土俵際逆転!

●翔傑-碧の正○ 押し出し
・碧の正が諸手突きで立って突っ張る。翔傑は引いてしまった。

○飛天龍-龍勢旺● 寄り切り
・飛天龍が土俵際逆転!双差しになって寄り切り。

○大翔岩-古場● 寄り切り
・古場が足が出たあとに逆転技。軍配古場に上がるが、すぐに回しうちわで大翔岩に上がった。

○武蔵海-荒篤山● 送り出し
・武蔵海突っかける。二度目で立つ。荒篤山がいい突きだったが、武蔵海がいなして形成逆転!

○琴欣旺-栃颯● はたき込み
・栃颯が突っ張るが、はたかれて落ちる。

○朱雀-千代栄● 寄り切り
・朱雀が得意の双差しになって寄り切り!

●桜児竜-武玄大○ 寄り切り
・立合い行司待った。二度目で立つ。1分を超える長い相撲。最後は武玄大が前に出て寄り切り!
【解説】山分親方(元武雄山)「武玄大は頭を上げる癖があるが、今日は最後まで頭を下げて我慢したのが良かった」

○碧天-希帆ノ海● 寄り倒し
・碧天が中に入って形を作り、前に出る!左ですくい投げを打ちながらの寄り倒し。

○水口-芳東● 押し出し
・水口が一気に出る!芳東は中途半端な立合い。

○琴弥山-隠岐の富士● 押し出し
・琴弥山がいい押しで押し出し!

●磋牙司-鳰の湖○ はたき込み
・関取復帰を目指す者同士の対戦。どちらも気迫を感じるいい相撲!最後は鳰の湖が土俵際逆転!

○大清峰-出羽鳳● 寄り切り
・大清峰、出羽鳳が引いたところを一気に出る!

○諫誠-高立● 突き落とし
・高立突っかける。二度目で立つ。高立前に出るが、諫誠、突き落としで逆転!

○大翔龍-大岩戸● 押し倒し
・大翔龍が前に出る!

○濱口-力真● 押し出し
・初めは力真優勢だったが、濱口が我慢して前に出た!
※濱口は宇良との稽古がとても役に立っているとのこと。
※解説の山分親方(元武雄山)は「次の関取はキミだ!」のコーナーで濱口を指名。とても嬉しそうだった(笑)

○大輝-栃登● 押し出し
・栃登変わるが、大輝動じず、押し出し!

○竜王浪-飛翔富士● はたき込み
・飛翔富士が前に出るが、竜王浪、回り込んで逆転。飛翔富士は動きが鈍い。

●相山-琴恵光○ 寄り切り
・琴恵光が前に出るいい相撲!

○魁-彩●
・魁突っかける。二度目で立つ。彩が途中まではいい突っ張りだったが、引いて呼び込んでしまった。土俵際投げの打ち合いもつれるが、軍配魁で物言いはなし。映像では彩の手が先についていた。

十両土俵入り

○栃丸-宇良● はたき込み
・宇良、今日は低すぎて前にばったり!栃丸の突っ張りは当たっているようには見えなかったが、宇良が嫌って引いていたので、効き目はあった模様。

●碧己真-安芸乃川○ はたき込み
・安芸乃川、当たってからの引き。

●天空海-照強○ すくい投げ
・照強、天空海の掛け投げに崩れず、すくい投げで返す。
※照強は阪神淡路大震災の夜に生まれた。南淡路市出身。誕生日には特別な思いを持っている様子。

●勝誠-白鷹山○ 押し出し
・白鷹山の一方的な展開。

○大翔鵬-阿炎● はたき込み
・阿炎、先手を取って突っ張るが、土俵際逆転!
【解説】高崎親方(元金開山)「阿炎は腰が引けている。苦手意識が強すぎるのではないか?残せたと思う」
※隣で見ていた母も「(阿炎は)勝手に負けた」と言っていた……

栃丸が細かい突っ張りで宇良を攻略!

宇良、この日は低すぎて前にバッタリです>_<

栃丸の細かい突っ張りが、効いていた模様です。

栃丸といえば、いい突っ張りのある押し相撲の力士。

そうは言っても、とても低い体勢の宇良には、あまり当たっているようには見えませんでした。

でも、回転の細かい突っ張りが邪魔で、宇良も中に入れない。

宇良がたまらず下がる場面があったので、効果はあったようです!

よく考えた取口だと思いました。

怯まずに、自分の持ち味を出すことの大事さを教わった一番でした。

次に宇良と対戦する力士は、参考にしたらいいと思います!

山分親方(元武雄山)の「次の関取はキミだ!」は木瀬部屋の濱口

解説の親方に、次に関取になりそうな期待の若手力士を聞いていく本コーナー。

この日解説の山分親方(元武雄山)は、木瀬部屋の濱口を挙げました。

キャッチは「不屈の押し相撲」。

怪我で幕下上位から序ノ口まで下がってからも、腐らずに頑張っていたので、関取になってほしいようでした。

「押し相撲は安易に引くと致命傷になるし、怪我にも繋がるので気をつけてほしい」とのお言葉も。

その後、濱口はいい相撲で勝ったので、山分親方(元武雄山)も嬉しそうでした^ ^

優勝争い

中日終了時点での幕下の4戦全勝力士は、以下の通りです。

西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
東13 栃丸 (東京・春日野)
東16 大輝 (埼玉・八角)
西26 鳰の湖 (滋賀・山響)
東36 碧天 (大阪・春日野)
東47 虎太郎 (茨城・藤島)
西50 寺尾 (広島・錣山)
西56 大元 (岡山・入間川)

関取復帰を目指す力士から、期待の若手。

豪華な顔ぶれですね。

そして何気に、春日野部屋から3人もランクイン!

みんないい力士ばかりなので、頑張ってほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所中日 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所中日(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所中日(十両) 取組結果一行メモ

阿炎の相撲に関しては、別ブログにガッツリ感想を書かせていただいております!

[ai] 平成28年大相撲初場所 中日 対 大翔鵬 ● はたき込み – イケメン阿炎の四股にホレた!


スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする