[ai] 平成28年大相撲初場所9日目(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所9日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所9日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

9日目 幕下の実況と解説

9日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 酒井良彦
解説 : 大嶽親方(元大竜)
向正面 : 白岩(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 佐藤洋之
解説 : 岩友親方(元木村山)
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

中日までの展開

中日終了時点での4戦全勝は、以下の8人です。

西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
東13 栃丸 (東京・春日野)
東16 大輝 (埼玉・八角)
西26 鳰の湖 (滋賀・山響)
東36 碧天 (大阪・春日野)
東47 虎太郎 (茨城・藤島)
西50 寺尾 (広島・錣山)
西56 大元 (岡山・入間川)

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所中日(幕下) 取組結果一行メモ

9日目はこの8人による総当たり戦が組まれます。

9日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○電山-旭鵬山(三段目)● 寄り切り
・電山が突っ張って、左を差して寄り切り。
※電山初日!場所前に元々傷めていた股関節をさらに傷め、十分な稽古が出来なかったとのこと。

●佐々木山-貴源治○ 浴びせ倒し
・初めは佐々木山が前に出るが、貴源治が体勢を作って形成逆転!取組後、佐々木山は起き上がるのに少し時間がかかった。

●美登桜-王輝○ 押し出し
・王輝突っかける。二度目で立つ。王輝、前回しを取って、一気に出る!

○富栄-萬華城● 押し出し
・富栄が終始低く攻める。萬華城が押し返す場面もあったが、最後は一気に吹っ飛ばした!萬華城がたまり席にいた女性の上に落ちた!(特に怪我はなさそう)

●大元-寺尾○ 寄り切り
・4連勝同士の対戦。寺尾、バランスを崩す場面もあったが、諸手突きから左下手を取って寄り切り!
※寺尾が5連勝!

○十勝海-駒木龍● 寄り切り
・十勝海が寄り切り、駒木龍が逆転技をしかける。軍配十勝海で物言い。映像では駒木龍の踵が先に出ているように見える。結果、駒木龍の踵が出るのと十勝海の足が踏み越すのが同時との判定で、取り直し。
(2回目) 立合いは駒木龍かに見えたが、十勝海が双差しになって寄り切り!

●水戸豊-双大竜○ 突き落とし
・水戸豊が前に出るが、双大竜、土俵際で逆転!

○大翔岩-安芸乃山● 寄り切り
・大翔岩が休まず前に出る!安芸乃山は引いてしまった。

●翔傑-羅王○ 寄り切り
・4連敗同士の対戦。羅王、双差しになり、残されても休まず攻めた!羅王初日!いい相撲!

○古場-高春日● 寄り切り
・古場がいい体勢を作って寄り切り!

●武蔵海-千代栄○ はたき込み
・千代栄、当たってからの引きの。

●碧天-虎太郎○ 小手投げ
・4連勝同士の対戦。突っ張りたい虎太郎と組みたい碧天の攻防!最後は碧天が差して前に出るところを、虎太郎が小手投げ!いい相撲だった!
※虎太郎が5連勝!

○高三郷-東里● 押し倒し
・高三郷が諸手突きのような立合いから、崩して一気に出る!

●琴福寿野-桜児竜○ 下手投げ
・琴福寿野突っかける。二度目で立つ。組んで動きが止まる展開。最後は琴福寿野があおって出るところを、桜児竜が土俵際捻りながら逆転!

●朱雀-磋牙司○ 押し出し
・磋牙司、相手の引きに乗じて一気に出る!

○舛ノ勝-水口● 突き落とし
・水口変化で崩すが、舛ノ勝残し、出てくる水口を逆に突き落とし!

●大岩戸-南海力○ はたき込み
・4連敗同士の対戦。南海力が右に変化一発。盛り上がらない。

○琴弥山-大波● 小手投げ
・大波、左が入りかけたところで、思い切り小手投げを振られる。

○岩崎-笹ノ山● はたき込み
・笹ノ山が突っ張って前に出るが、岩崎が土俵際逆転!
※岩崎勝ち越し!

●肥後ノ城-出羽鳳○ 突き落とし
・肥後ノ城が一気に出るが、出羽鳳、土俵際逆転!

●大翔龍-高立○ 押し出し
・高立が一気に前に出る!

●鐡雄山-飛翔富士○ 押し出し
・鐡雄山突っかける。飛翔富士が一気に前に出た!いい相撲!

○栃丸-鳰の湖● はたき込み
・4連勝同士の対戦。栃丸が激しい突っ張り! 鳰の湖もよく当てがって応戦したが、最後は鳰の湖が懐に入ろうとしたところを上からはたいた。いい相撲だった!
※栃丸は師匠に「がむしゃらすぎる」と注意された。栃丸が5連勝!

●坂元-琴恵光○ すくい投げ
・坂元が前に出たが、琴恵光がすくい投げで逆転!琴恵光に右差しを許したことが敗因か?

○碧己真-若龍勢● 寄り切り
・碧己真が両前回しを取って前に出る!
※碧己真初日!若龍勢5連敗>_<

十両土俵入り

●大輝-栃飛龍○ 突き落とし
・4連勝同士の対戦。栃飛龍が左にずれ、突っ張り続ける。大輝が当てがい、左を差して前に出るが、そこを突き落とし。見応えある相撲だった!

○勝誠-大道● 下手投げ
・土俵中央で投げの打ち合い。勝誠が制した!

●海龍-芝○ すくい投げ
・芝が海龍の突っ張りを終始当てがい、腕を手繰ってすくい投げ!

○阿炎-若乃島● はたき込み
・若乃島突っかける。二度目で立つ。阿炎が突っ張っていなして、もう一度、突っ張っていなした。はたきがきれいに決まった!

○翔天狼-玉飛鳥● はたき込み
・翔天狼、当たって押してからのはたき。

感想

4連勝同士の相撲は、どれもとても見応えのあるいい相撲でした!

特にこの取組が一番良かった!というのを挙げるのが難しいくらい、全部良かったです!

さすが両者ともに全勝なだけあって、動きもいいし、気迫も溢れていますね^o^

それでもあえて一番選ぶとしたら、栃丸-鳰の湖戦でしょうか。

幕内、十両も含む9日目の全取組中、一番記憶に残っているもので(笑)

栃丸の速い突っ張りを、鳰の湖が同じ速さで当てがって応戦している姿が、凄まじくて脳裏に焼き付いております。

いい相撲でした^o^

優勝争い

結果、勝って5連勝としたのは、以下の4名。

西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
東13 栃丸 (東京・春日野)
東47 虎太郎 (茨城・藤島)
西50 寺尾 (広島・錣山)

3人いた春日野部屋の力士は、うち2名が生き残りました!

栃飛龍と栃丸はいずれも幕下上位の番付なので、来場所揃って新十両&帰り十両になれたら嬉しいですね^o^

栃丸は全勝しないとちょっと厳しいかもしれませんが、栃飛龍は一敗しても、戻れる可能性は高いです。

頑張ってほしいです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所9日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所9日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所9日目(十両) 取組結果一行メモ

阿炎の相撲に関しては、別ブログにガッツリ感想を書かせていただいております!

[ai] 平成28年大相撲初場所 9日目 対 若乃島 ○ はたき込み – イケメン阿炎の四股にホレた!


スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク