[ai] 平成28年大相撲初場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所11日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。


スポンサーリンク




11日目 幕下の実況と解説

11日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 酒井良彦
解説 : 大山親方(元大飛)
向正面 : 福ノ里(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 吉田賢
解説 : 不知火親方(元若荒雄)
リポート : 太田雅英
(敬称略)

でした。

10日目までの展開

10日目終了時点で5戦全勝の力士は、以下の通りです。

○5連勝
西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
東13 栃丸 (東京・春日野)
東47 虎太郎 (茨城・藤島)
西50 寺尾 (広島・錣山)

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ

この日は栃丸-寺尾、虎太郎-栃飛龍の直接対決が組まれました!

11日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●電山-大乗(三段目)○ 寄り切り
・大乗がいい形を作って寄り切り。

○佐々木山-華王錦(三段目)● 寄り切り
・佐々木山が立合いから右差し。これは腕を振られて抜かれるが、いい形を作って寄り切り。

○美登桜-琴大龍(三段目)● 上手投げ
・琴大龍が先にいい形を作るが、美登桜、体を入れ替えて上手投げ!
【解説】大山親方(元大飛)「美登桜は、勝ったが褒められた内容ではない。踏み込みがないから、すぐ相手十分の四つに組まれた」

○大元-貴公俊● すくい投げ
・大元がいい相撲!盛り上がった!貴公俊、いい形を作りかけたが、巻き替えで体勢を悪くしてしまった。

○萬華城-霧の富士● 押し出し
・萬華城が立合い張って、霧の富士は体が起きてしまった。そのまま一方的に出られる。

○翔傑-旭鵬山(三段目)● 寄り切り
・翔傑が上手を引きつけて寄り切り。

○栃清龍-碧の正● はたき込み
・押し合い。栃清龍が流れの中ではたき込み。

○福轟力-飛天龍● 押し出し
・福轟力が前に出る。飛天龍は最後引いてしまった。

●安芸乃山-古場○ 押し出し
・古場が前に出る。安芸乃山は防戦一方。

●荒篤山-高春日○ 押し出し
・高春日突っかける。二度目で立つ。高春日がいい押しで押し出し!

●宝龍山-山口○ 上手出し投げ
・山口が立合いすぐに左上手いい位置を取って、出投げ!盛り上がった!

○羅王-東里● 寄り切り
・羅王が休まず攻めて寄り切り!熱戦で盛り上がった!いい相撲!

○千代栄-琴宏梅● 押し出し
・千代栄突っかける。二度目で立つ。押し合いで、千代栄が押し勝った!

○武玄大-栃の濱● はたき込み
・武玄大、栃の濱が出てくるところをはたき込み。
【解説】大山親方(元大飛)「栃の濱は左から押っ付けたが、左足が出ていないので倒れてしまった」

●芳東-大和富士○ はたき込み
・初めは大和富士が前に攻めたが、芳東の差し手が入って形成逆転!が、軍配芳東で物言い。映像では、芳東が前に出る時につま先が出たように見える。結果、芳東の足が先に出たとの判定で、差し違い。

○琴弥山-磋牙司● 寄り倒し
・気迫溢れるいい相撲!最後は琴弥山が横に崩して前に出た!

●舛ノ勝-隠岐の富士○ 押し出し
・隠岐の富士が前に出る!

●大清峰-栃登○ 押し倒し
・栃登が当たって直ぐに引き。大清峰残すが、栃登、そのまま一気に押した!

●白虎-水口○ 押し出し
・水口、真っ直ぐ立って一気に出る!
【解説】大山親方(元大飛)「白虎はいつも攻められながら回しを取る。相手の攻めを受けて立つ癖がある。直さないといけない」※大山親方は白虎の所属する東関部屋付きの親方。

○肥後ノ城-西山● 寄り切り
・肥後ノ城がいい相撲!巻き替えて双差しになってどんどん攻めた!

○濱口-鳰の湖● 押し出し
・濱口が前に出るいい相撲!鳰の湖に引かせた!盛り上がった!

○大岩戸-若龍勢● 送り出し
・大岩戸が横について送り出し。

●明生-飛翔富士○ 寄り切り
・飛翔富士が捕まえて寄り切り!
【解説】大山親方(元大飛)「飛翔富士の右上手が取れたのが良かった。やや深かったが、取れたのが良かった」

○栃丸-寺尾● 突き落とし
・寺尾が前回しを取って栃丸の突っ張りを止めたが、逆転の突き落としに敗れる!
【解説】大山親方(元大飛)「寺尾は前回しを取ったのは良かったが、引きつけがなかったので距離があいてしまった。栃丸は雑なことをしないで辛抱したのが良かった」
※5連勝同士の対戦。栃丸が6連勝!

●虎太郎-栃飛龍○ 押し出し
・栃飛龍は左にずれながらの立合い。栃飛龍が押し勝った!
※5連勝同士の対戦。栃飛龍が6連勝!

十両土俵入り

●玉飛鳥-阿炎○ 引き落とし
・阿炎、立合い先手を取って、突っ張ってからのはたきが決まる。盛り上がった!
※阿炎、勝ち越し!

○芝-勝誠● はたき込み
・勝誠が低く頭をつけるが、芝、捻りながらつぶす。

●海龍-碧己真○ 押し出し
・海龍が先手を取ったが、碧己真が回しを取って形成逆転!

●徳真鵬-若乃島○ 寄り切り
・若乃島突っかける。二度目で立つ。若乃島がいい相撲!

●翔天狼-宇良○ 引き落とし
・宇良、ガツンと当たってから左に動いた!

5連勝同士の対戦は、いずれも春日野部屋が勝利!

この日は5戦全勝同士の直接対決が2番組まれました。
いずれも見応えのある相撲でした^o^

そして、いずれも春日野部屋の二人が勝利!
新十両を目指す栃丸と、帰り十両を目指す栃飛龍が、6戦全勝です。

同部屋なので、この両者による直接対決はありません。
このまま二人とも全勝となれば、千秋楽、同部屋の力士同士での優勝決定戦になるかもしれません。

翌 12日目、栃飛龍は十両の出羽疾風と対戦します。

宇良、ここ2番正統派に近い相撲で白星

そして、個人的に注目しているのは、宇良のここ2番の相撲。

前日の大翔鵬戦も、この日の翔天狼戦も、比較的、正統派に近い相撲ですね。

立合いの当たり、押す力は、相当強いもののように思われます。

特に今日戦った翔天狼は、幕内経験者。

番付を落としているとはいえ、ここまで調子は良く、強い相手なはず。

うーん、やっぱり未知数です。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所11日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所11日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所11日目(十両) 取組結果一行メモ

阿炎の相撲に関しては、別ブログにガッツリ感想を書かせていただいております!

[ai] 平成28年大相撲初場所 11日目 対 玉飛鳥 ○ 引き落とし – イケメン阿炎の四股にホレた!

平成28年初場所(幕下) 全取組の感想はこちら⬇︎

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする