[ai] 平成28年大相撲初場所12日目(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所12日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所12日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。


スポンサーリンク




12日目 幕下の実況と解説

12日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 佐藤洋之
解説 : 枝川親方(元蒼樹山)
向正面 : 琴千歳(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 田所拓也
解説 : 雷親方(元垣添)
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

11日目までの展開

5戦全勝対決をともに、春日野部屋の栃飛龍と栃丸が制し、6連勝としました。
11日目終了時点での成績上位者は、以下の通りです。

○6連勝
西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
東13 栃丸 (東京・春日野)

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ

12日目は栃飛龍が、十両の出羽疾風と対戦します。

12日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●伯錦(三段目)-貴源治○ 押し倒し

○王輝-琴の秀(三段目)● 寄り倒し

○剛竜-霧馬山● 押し出し

○豊後錦-高麗の国● 突き落とし
・豊後錦が攻め込んでからの突き落とし。

●駒木龍-富栄○ 押し出し
・富栄が一気に出る!いい出足!

●玉金剛-克乃富士○ 寄り切り
・克乃富士がいい体勢を作って寄り切り!

○双大竜-政風● 寄り切り
・双大竜が前に出る!

○水戸豊-玄界鵬● はたき込み
・水戸豊が立合い先手を取り、前に出てからはたく。

○大翔岩-十勝海● 寄り切り
・大翔岩突っかける。二度目で立つ。大翔岩がいい形を作って寄り切り!

●大空-栃颯○ ひっかけ
・栃颯が当たって腕を手繰る。

○武蔵海-笹山● 押し出し
・武蔵海突っかける。二度目で立つ。武蔵海が前に出て押し出し!

○龍勢旺-篠原● 引き落とし
・篠原、よく攻めていたが、引きにバッタリ。

○朱雀-琴欣旺● 送り出し
・朱雀が左に動いて後ろについて送り出し!盛り上がった!

●桜児竜-高三郷○ 寄り切り
・高三郷がいい体勢を作って寄り切り。

○つる林-希帆ノ海● 寄り切り
・つる林が一気に出る!いい出足!

●碧天-宝香鵬○ 寄り切り
・宝香鵬が立合い差し勝って右四つ。一気に寄り切り!

●南海力-琴福寿野○ 押し出し
・琴福寿野が前に出る。

○大雷童-大波● 押し倒し
・大雷童が休まず突っ張る。大波に引かせた。

○諫誠-笹ノ山● すくい投げ
・笹ノ山突っかける。二度目で立つ。諫誠が左からのすくい投げ。

●力真-高立○ 押し出し
・高立が前に出て押し出し。

●出羽鳳-禧勢ノ山○ 押し出し
・禧勢ノ山が一気に押し出し!

○大輝-岩崎● 送り出し
・大輝が岩崎の後ろについて送り出し!

○坂元-肥後嵐● 押し出し
・立合いは肥後嵐だったが、途中から坂元が前に出て押し出し!
※坂元勝ち越し!

●相山-佐藤○ 送り出し
・相山突っかける。二度目で立つ。相山、途中までいい攻めだったが、佐藤がいなして送り出し。

●大翔龍-野上○ 寄り切り
・野上が変わって、いい形を作って、寄り切り。
※野上は取組後、肩が痛そうなそぶり。

●豪頂山-鐡雄山○ 寄り切り
・攻防はあったが、両者ともちょっと疲れたような相撲。

○慶天海-彩● 切り返し
・慶天海が中に入って切り返し!盛り上がった!

十両土俵入り

○照強-琴恵光● 肩透かし
・照強、琴恵光が出てくるところを、肩透かし。

●竜王浪-安芸乃川○ 押し出し
・安芸乃川が前に出て押し出し。

●魁-白鷹山○ 寄り切り
・立合い行司待った。二度目で立つ。白鷹山が左四つに組んで寄り切り。

●天空海-大翔鵬○ 勇み足
・天空海が前に出て浴びせ倒したかに見えたが、軍配大翔鵬で物言い。映像では、大翔鵬が倒れる前に天空海の足が出ているように見える。結果、天空海の足が先に出たとの判定で、軍配通り。

●希善龍-竜電○ 下手投げ
・竜電、希善龍の首投げを警戒しながら、下手投げ。

感想

12日目ともなると、好成績の力士、すでに負け越しの決まっている力士も出てきます。

好成績同士の対戦はとても見応えのある熱戦になることが多いのですが、負けが混んでいる者同士の対戦だと、どことなく元気のない相撲になるんですよね。

今日の相撲でいったら、豪頂山-鐡雄山戦がまさにそうで、負けが混んでいる者同士の対戦なものだから、なぜか最初から疲れたような相撲でした。。。

幕下は同じ成績の者同士で取組が組まれるので、特にそれが顕著に分かります。

でも時々、全敗同士でも、全敗同士とは思えないほど熱戦になることもあるので、相撲って面白いです!

優勝争い

その後、十両で相撲を取った栃飛龍が出羽疾風に敗れたため、12日目終了時点での成績上位者は、以下の通りとなりました。

○6勝1敗
西6 栃飛龍 (静岡・春日野)

○6連勝
東13 栃丸 (東京・春日野)

栃丸は明日13日目に、照強と対戦。

勝てば栃丸が優勝、負ければ、千秋楽終了時点で1敗の力士との優勝決定戦となります。

昨年 平成27年秋場所には、6勝1敗力士8人による優勝決定戦が行われました。

現時点で5勝1敗の力士が12人いることを考えると、仮に栃丸が明日敗れた場合、千秋楽、8人による決定戦の可能性も高くなってきました。

1敗力士も面白いメンバーが揃っているので、決定戦になったら、それはそれで面白そうです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所12日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所12日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所12日目(十両) 取組結果一行メモ

阿炎の相撲に関しては、別ブログにガッツリ感想を書かせていただいております!

[ai] 平成28年大相撲初場所 12日目 対 天風 ● 押し出し – イケメン阿炎の四股にホレた!

平成28年初場所(幕下) 全取組の感想はこちら⬇︎

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする