[ai] 十両優勝 英乃海 インタビュー (平成28年初場所) | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 十両優勝 英乃海 インタビュー (平成28年初場所)

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所。十両優勝は木瀬部屋の英乃海に決定いたしました!

その優勝インタビューの概要をUPいたします。

※多少の意訳・聞き間違い等はご容赦下さい。

スポンサーリンク




十両優勝 英乃海 インタビュー

西十両二枚目 英乃海
本名 : 岩崎 拓也
成績 : 11勝4敗
東京都江戸川区出身 木瀬部屋
平成元年6月11日生 (26歳)
平成24年5月場所初土俵
引用元 : 各段の優勝力士・三賞力士 – 日本相撲協会公式サイト

インタビューアー : 藤井康生

Q. 最後はいい相撲でしたね!

はい、快心の相撲でした。

Q. 今日は勝てば優勝ということは当然分かって土俵に上がったと思いますが、どんな思いでいこうと思いましたか?

いや、もう、思い切っていくしかないと思って、思い切っていきました。

Q. 今場所の11番の白星。中身についてはどうですか?

前に出るいい相撲が多かったと思います。はい。

Q. 十両に下がって二場所経過しましたが、今度はもう、幕内に戻れます。どんな相撲を取っていきたいですか?

やっぱり新入幕の時は、前出る相撲が取れなかったので、どんどん前に出る自分らしい相撲を取りたいと思います。

Q. だんだん自信もついてきたんじゃないですか?

そうですね。これでだいぶ自信がついたので、頑張れます。

力をつけての十両優勝

今場所の千秋楽は、四敗の英乃海と大翔丸、五敗の千代の国の3人に優勝の可能性がありました。

先に大翔丸が敗れ、英乃海は勝てば十両優勝、という状況で土俵に上がり、見事勝って優勝!

英乃海は去年、幕内を二場所経験しましたが、いずれも勝ち越すことが出来ず、先場所から十両に戻っての土俵が続きました。

今場所は西二枚目で11勝したので、次の場所での帰り入幕が確実です。

今場所のような前に出るいい相撲を取って、次はぜひ、勝ち越してほしいですね。

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

英乃海に関する関連記事

[ai] 平成27年大相撲名古屋場所 東前頭十三枚目 英乃海 日別メモ

スポンサーリンク







[ai] 十両優勝 英乃海 インタビュー (平成28年初場所)
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする