[ai] 平成28年大相撲初場所 東大関 稀勢の里 日別メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所 東大関 稀勢の里 日別メモ

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年初場所。稀勢の里の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

平成28年大相撲初場所 東大関 稀勢の里 日別メモ

東大関 稀勢の里 寛
(きせのさと ゆたか)
所属 : 田子ノ浦部屋
本名 : 萩原 寛
しこ名履歴 : 萩原 →稀勢の里
生年月日 : 昭和61年7月3日 29歳
出身地 : 茨城県牛久市
身長 : 187.0cm
体重 : 178.0kg
得意技 : 左四つ・寄り・突き
成績 : 9勝6敗
引用元 : 力士プロフィール – 稀勢の里 寛 – 日本相撲協会公式サイト

  • 初日
  • 対 安美錦 ● 押し倒し
    ・稀勢の里が前に出て、安美錦が土俵際逆転技を仕掛け、もつれる。安美錦が押し込んでから一気に俵まで引いたように見えた。軍配安美錦で物言い。映像では稀勢の里の体が先に落ちているように見える。協議が長引き、結果、取り直し。
    (2回目) 安美錦が立合い変化!そのまま攻め込んで押し倒し!

  • 2日目
  • 対 栃煌山 ○ 押し出し
    ・稀勢の里がいい内容で完勝!栃煌山に双差しを許さなかった。

  • 3日目
  • 対 宝富士 ○ 寄り切り
    ・左四つに組む展開。稀勢の里が先に上手を取って寄り切り!稀勢の里、今日は落ち着いていた。

  • 4日目
  • 対 栃ノ心 ● 上手投げ
    ・稀勢の里、左四つで上手も引いたのに負けた。。。栃ノ心強い!芝田山親方(元大乃国)は「力負けした印象」と一言。引き付けが甘かったことが敗因か?

  • 5日目
  • 対 松鳳山 ○ 押し出し
    ・松鳳山突っかける。二度目で立つ。稀勢の里が一気に押し出し。今日は相手をよく見ていた。

  • 6日目
  • 対 逸ノ城 ○ 突き落とし
    ・逸ノ城突っかける。二度目で立つ。右四つに組んでの長い相撲。最後は稀勢の里が突き落とし。

  • 7日目
  • 対 勢 ○ 寄り切り
    ・稀勢の里が左四つ!勢、土俵際踏ん張りが利かず。。。痛そうだ>_<
    ※勢は前日、左のすねを打ち付けて傷めた。骨に異常はないが、昨日より痛みが増し、稽古も出来ず、痛み止めを飲んでいるとのこと。

  • 中日
  • 対 琴奨菊 ● 寄り切り
    ・両者が土俵に上がった瞬間から歓声がわく。琴奨菊が強かった!

  • 9日目
  • 対 碧山 ● 押し出し
    ・碧山が一気に出る!稀勢の里は踏み込みがない。

  • 10日目
  • 対 豪栄道 ○ 突き落とし
    ・稀勢の里突っかける。二度目で立つ。押し合いの展開。最後は豪栄道が出てくるところを突き落とし。

  • 11日目
  • 対 嘉風 ● 肩透かし
    ・嘉風がいい相撲!稀勢の里は何も出来ず。。。

  • 12日目
  • 対 魁聖 ○ 寄り切り
    ・稀勢の里が左四つ右上手で寄り切り。

  • 13日目
  • 対 日馬富士 ● 寄り切り
    ・日馬富士が一気に出て、稀勢の里が逆転技を仕掛ける。軍配日馬富士で物言い。映像でも微妙。日馬富士の手が先についてはいるが、稀勢の里の体も死に体に見える。協議は長引き、結果、取り直し。
    (2回目) 日馬富士が一気に出る!結局同じ展開(^_^;)

  • 14日目
  • 対 白鵬 ○ 押し出し
    ・稀勢の里の一方的な展開。白鵬が思いのほか元気がない。

  • 千秋楽
  • 対 鶴竜 ○ 寄り切り
    ・稀勢の里が待った。二度目で立つ。稀勢の里が左四つになって寄り切り!

平成28年初場所の稀勢の里

やはり、いい時と悪い時との差が激しいですね。

毎場所それなりに安定した成績は残せているのに、何かいつも負けそうな気がして心配になってしまうのは、そのせいではないかと思います。

万全の内容で勝った相撲も「稀勢の里、今日は良かった」という記述が、何と多いことか(^_^;)

何か、強い時の相撲より、左四つ右上手と万全の体勢になったのに負けてしまった栃ノ心戦や、たまたま立合いの悪かった碧山戦の方が記憶に強く残ってしまうんですよね;;

栃ノ心、碧山は、稀勢の里にとって二大鬼門の相手ですしね(苦笑)

今場所はライバルの琴奨菊が優勝したことだし、次の場所こそは奮起して、メンタルの弱点を克服して、優勝してくれるんじゃないか、と期待しているファンも多いかと思います。

そうあってほしいと、わたしも思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

稀勢の里に関する過去の記事

[ai] 平成27年大相撲名古屋場所 東大関 稀勢の里 日別メモ

[ai] 稀勢の里-琴奨菊戦、歴代2位の55回目を記録!

平成28年初場所 全記事一覧はこちら↓
スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする