[ai] 滋賀県出身の主な関取 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 滋賀県出身の主な関取

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所9日目。

中継中に、滋賀県出身の関取についてに話題がありました。

滋賀県出身の有名な関取は、以下の通り。

蔵馬 (元関脇)
三杉里 (元小結)
蒼樹山 (元幕内)

三杉里、蒼樹山は、若・貴時代に活躍された方々なので、その頃相撲を見始めた方ならご存知の方も多いかと思います。

蒼樹山は現在の枝川親方。BSの幕下の時間帯か、十両の解説を担当されています。

蔵馬さんは、若・貴時代より少し前の世代の方なので、わたしも現役時代は知りません。

引退後はタレント活動をされていましたが、慢性骨髄性白血病のため、42歳という若さで亡くなりました。

タレント時代はよくテレビで見ていたので、覚えています。

平成28年春場所現在、滋賀県出身の力士は全力士中3人。

力士の排出がとても少ない県のようです。

滋賀県の相撲連盟では、街中に土俵を作ったりして、子供たちに相撲の楽しさを教える取り組みをされているようです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 滋賀県出身の主な関取
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク